コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸紙 かけがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懸紙
かけがみ

文書の本紙の上にかける紙の総称。これには単に包むための包紙や封をするための封紙などがあり,礼紙 (らいし) もときに懸紙と称することがあった。封紙は奈良時代の啓状のなかにそれと思われるものがあるが,鎌倉時代以降の文書に現れてきている。江戸時代末期には懸紙に代って一般に状袋が用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かけ‐がみ【懸(け)紙】

贈答品の上包みに用いる紙。多く熨斗(のし)水引(みずひき)などの形が印刷してある。
巻き紙などに書いた書状や文書(もんじょ)を包む紙の総称。時には礼紙(らいし)をもいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かけがみ【懸紙】

古文書学上の用語。書札様文書はふつう3紙から成る。本文を書くのが本紙で,それと友紙(ともがみ)をもう1紙付して奥から折り畳む。これを礼紙(らいし)という。その上をさらに別の友紙で包み,うわ書きを加え必要に応じて封をして相手方に届ける。これを封紙というが,中世の書札礼では上巻(巻)(うわまき)といい立紙(たてがみ)とも称している。本紙,礼紙は料紙を横に使うが,封紙は縦に使うから立紙という。また文書を保護するため,それを受け取った人がのちに別の紙で包むことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

懸紙の関連キーワード上包み水引書状