コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸井[町] とい

百科事典マイペディアの解説

戸井[町]【とい】

北海道亀田郡の旧町。亀田半島南東部にあり,津軽海峡に面する海岸に漁業集落が発達,イカ,コンブカレイなどの漁獲が盛んであるが,近年ではコンブの養殖,アワビの中間育成など,つくり育てる漁業への転換がなされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とい【戸井[町]】

北海道南西部,渡島(おしま)半島南東端にある渡島支庁亀田郡の町。人口4227(1995)。津軽海峡に面し,函館市に隣接する。地盤の弱い山地が海岸に迫り,豪雨のたびに地すべりの被害が出る。江戸時代,松前藩東蝦夷六場所(交易所)の一つとして繁栄したが,早くからニシンは姿を消し,イワシの来遊も昭和の初めごろにみられなくなった。沿岸漁業の不振から出稼ぎ地帯となっている。漁獲高の多いものは,コンブ,イカなどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戸井[町]の関連キーワード北海道亀田郡

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android