コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田 城聖 トダ ジョウセイ

20世紀日本人名事典の解説

戸田 城聖
トダ ジョウセイ

昭和期の宗教家 創価学会第2代会長。



生年
明治33(1900)年2月11日

没年
昭和33(1958)年4月2日

出生地
石川県加賀市

出身地
北海道厚田郡厚田村

本名
戸田 甚一

別名
前号=城外,城正

学歴〔年〕
高等小学校〔大正3年〕卒,中央大学夜間部〔昭和6年〕卒

経歴
5歳の時一家で北海道に移住。小学校卒業後、小学校訓導の資格をとり、夕張の小学校に勤務。大正9年上京し、牧口常三郎が校長をしていた下谷西町小の代用教員となる。その後、保険の外交員、学習塾の経営などをしながら中央大学夜間部に通学。昭和3年牧口に続いて日蓮正宗に入信。5年牧口を会長に創価教育学会を設立、理事長に就任。同年より牧口の「創価教育学大系」を刊行。12年正式に旗上げし教勢を拡大。18年弾圧を受け、投獄されるが、非転向をつらぬき20年出獄。21年創価学会と改称して再建、26年第2代会長に就任。75万世帯を目標とする折伏大行進を宣言して活発な運動を展開、また“王仏冥合論”を唱え、政界進出をはかって公明党の基盤をつくった。著書に「生命論」、「戸田城聖全集」(全7巻)など。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

戸田 城聖 (とだ じょうせい)

生年月日:1900年2月11日
昭和時代の宗教家。創価学会第2代会長
1958年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

戸田 城聖の関連キーワード牧口 常三郎石田 次男秋谷栄之助原島 宏治池田大作湊 邦三藤原行正宗教家