コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田城聖 とだじょうせい

6件 の用語解説(戸田城聖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸田城聖
とだじょうせい

[生]1900.2.11. 石川
[没]1958.4.2.
創価学会第2代会長。 19歳で上京し,牧口常三郎が校長をしていた小学校に教師として採用され,以後彼を師と仰いだ。相次ぐ妻子の死を経て,真宗,キリスト教を遍歴したのち,1928年牧口とともに日蓮正宗に入信した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とだ‐じょうせい〔‐ジヤウセイ〕【戸田城聖】

[1900~1958]宗教家。石川の生まれ。本名は甚一。牧口常三郎とともに創価教育学会を設立。第二次大戦後、同会を創価学会として再建し、第2代会長となる。折伏(しゃくぶく)による布教を推進し、また公明党結成の基礎をつくった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田城聖 とだ-じょうせい

1900-1958 昭和時代の宗教家。
明治33年2月11日生まれ。牧口常三郎に師事。昭和3年日蓮正宗(にちれんしょうしゅう)に入信。5年牧口と創価教育学会を設立,理事長となる。18年弾圧により投獄されるが,非転向をつらぬき20年に出獄。翌年創価学会と改称して再建,26年2代会長。折伏(しゃくぶく)活動を推進し,また王仏冥合(おうぶつみょうごう)をとなえ,学会の政治進出を理論づけた。昭和33年4月2日死去。58歳。石川県出身。中央大卒。本名は甚一。別号に城外,城正。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

とだじょうせい【戸田城聖】

1900‐58(明治33‐昭和33)
宗教家。創価学会第2代会長。本名甚一,旧号城外,城正。石川県江沼郡出身。1903年一家で北海道へ移住,14年小学校高等科卒業後に札幌の問屋で奉公。独学で小学校準訓導の資格をとり代用教員となった。20年上京,牧口常三郎の下で教員となり,以後行動を共にした。28年日蓮正宗に入信,30年牧口に協力して創価教育学会(創価学会の前身)を設立,理事長に就任した。出版・印刷業をはじめ受験塾を経営するなど事業家としても活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とだじょうせい【戸田城聖】

1900~1958) 宗教家。石川県生まれ。牧口常三郎に出会い、創価学会の前身である創価教育学会の旗揚げに参加、理事長となる。学会の政治進出を理論化し、公明党の基盤をつくった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸田城聖
とだじょうせい
(1900―1958)

宗教家。創価学会第2代会長。石川県江沼郡(加賀市)に生まれる。本名は甚一。1903年(明治36)一家は北海道に移住。尋常小学校卒業後、独学で小学校准訓導の資格を取得し北海道で教員となる。20年(大正9)上京し、北海道出身の小学校校長牧口常三郎(まきぐちつねさぶろう)を頼って師事したが、のちに教員を辞め学習塾「時習学館」の経営や出版業などに携わる。28年(昭和3)日蓮正宗(にちれんしょうしゅう)に入信し、30年に「創価教育学会」を牧口と設立(正式な発会式は37年)して彼の創価教育学説の普及と教育宗教運動を援助したが、43年同会の弾圧事件で検挙された。不退転のまま第二次世界大戦の敗戦直前の45年7月に保釈出所した彼は、同会を創価学会として再建し、51年(昭和26)会長となった。『法華経(ほけきょう)』の生命論的解釈や功徳(くどく)論を展開して折伏(しゃくぶく)=布教を組織的に推進したほか、「王仏冥合(おうぶつみょうごう)論」や「原水爆禁止宣言」を発表して同会の政治的・社会的活動を理念づけ、その後の発展の基盤を築いた。[中野 毅]
『全集出版委員会編『戸田城聖全集』全9巻(1981~90・聖教新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の戸田城聖の言及

【創価学会】より

…東京都新宿区信濃町に本部をおく日蓮正宗の在家信者によって構成される宗教団体。1930年11月に牧口常三郎戸田城聖とともに創立した創価教育学会を母体に,46年戸田が創価学会として再建した。1937年に発会式をあげて布教活動を本格化した創価教育学会は,法華経を唯一として他宗を排撃,大麻(神宮神礼)奉斎を拒否したため43年弾圧され,戸田,牧口らは投獄された。…

※「戸田城聖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戸田城聖の関連キーワード真溪涙骨堀一郎北村サヨ宗教家今岡信一良岡野正道小口偉一中野与之助増谷文雄宮本ミツ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸田城聖の関連情報