コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手向山八幡宮 たむけやまはちまんぐう

大辞林 第三版の解説

たむけやまはちまんぐう【手向山八幡宮】

奈良市雑司町にある神社。祭神は応神天皇・比売命・仲哀天皇・神功皇后。749年、聖武天皇が東大寺の守護神として宇佐八幡を平城京の南の梨原宮に勧請してまつったのに始まるという。手向山神社。東大寺八幡宮。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

手向山(たむけやま)八幡宮

奈良県奈良市にある神社。創祀は749年。東大寺の大仏建立時の守護神紅葉名所

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

手向山八幡宮の関連キーワード東大寺旧境内奈良県奈良市手向山神社奈良(市)牛王宝印聖武天皇応神天皇宇佐八幡神功皇后仲哀天皇平城京祭神

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手向山八幡宮の関連情報