コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手燭 シュショク

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐しょく【手×燭】

手に持つ明かり。てしょく。

て‐しょく【手×燭】

持ち歩きに便利なように柄をつけた燭台

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅしょく【手燭】

手に持つあかり。てしょく。

てしょく【手燭】

蠟燭ろうそく立てに長柄をつけた灯具。手とぼし。手灯台。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の手燭の言及

【行灯】より

…〈あんどん〉と読むのは宋音で,室町時代に禅家によってひろめられた言葉であり,中国でも日本でも携行用の灯火という意味で使われた。当初は立方形の框に紙をはり,その底板に油皿をおき,上部に取っ手をつけ,手にさげて持ち歩いたが,江戸時代にはいって,携行用の灯火としてろうそくをともす手燭や提灯が普及するにおよんで,屋外に行灯を持ち歩くことはすたれた。しかし灯台にかわって,行灯は室内その他にすえておく灯火具として使用されるようになり,それぞれの用途にしたがって多くの種類に分化した。…

【燭台】より

…芯切は燭剪(しよくせん)とも書き,文亀本の《饅頭屋本節用集》にもみえる。なお手持ちの燭台を手燭(てしよく)といい,銅製のものが多く作られた。【岡田 譲】
[西洋]
 英語でキャンドルスティックcandlestick,フランス語でシャンドリエchandelierという。…

【ぼんぼり(雪洞)】より

…〈ぼんぼり〉は〈ほんのり〉の語の転訛で,灯火を紙や布の火袋(ほぶくろ)でおおい,火影のほのかにすいてさだかならぬをいったという。〈ぼんぼり〉は,はじめ広く灯火,茶炉(さろ)などに取りつけたおおいのことであったが,ついで小型の行灯(あんどん)をいうようになり,後にはもっぱら紙・布などをはった火袋を取りつけた手燭(てしよく)または燭台を呼ぶようになった。手燭や燭台はろうそくを用いる灯火具で,普通には灯台のように裸火をとぼしたが,その炎が風のためにゆり動かされ,吹き消されたりするのを防ぎ,かつ失火のわざわいを避けるために,行灯のようにこれに火袋を取りつけた〈ぼんぼり〉が考案された。…

※「手燭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手燭の関連キーワード主・修・取・守・手・朱・株・殊・狩・珠・種・繻・腫・衆・趣・酒・須・首嗇・嘱・囑・拭・植・殖・燭・織・職・色・蝕・触・觸・食・飾ろうそく(蠟燭)雪洞(ぼんぼり)ぼんぼり(雪洞)茶道/茶事用語小灯し・小燈し手灯台・手燈台カンテラ蹲・蹲踞ろうそくぼんぼり小灯し湯桶石灯台石茶道具あかり手燭石長柄黄菊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手燭の関連情報