別条(読み)べつじょう

精選版 日本国語大辞典「別条」の解説

べつ‐じょう ‥デウ【別条】

〘名〙 他とかわったこと。普通と異なった事柄。また、とりたてたこと。べちじょう。別状。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※信長記(1622)一上「平にたのみ奉るよし申ししかば、別条(ベツデウ)なくたのまれけるあいだ」

べち‐じょう ‥デウ【別条】

〘名〙 (「べち」は「別」の呉音) =べつじょう(別条)〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「別条」の解説

べつ‐じょう〔‐デウ〕【別条】

他とわったこと。いつもとは違った事柄や状態。「別条なく旅を終える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android