コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洋灯 ヨウトウ

デジタル大辞泉の解説

よう‐とう〔ヤウ‐〕【洋灯】

ランプ。

ランプ(〈オランダ〉・〈英〉lamp)

西洋風の灯火器の一種。石油を入れた器に火をともす芯をさし、周囲をガラス火屋(ほや)でおおったもの。江戸末期に渡来
電灯。「テールランプ
[補説]「洋灯」とも書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の洋灯の言及

【ランプ】より

…油,ガス,電気などを使用した灯火具,照明器具をいい,日本では洋灯とも呼ばれる。ただし,洋灯は石油ランプに限定されて使われる言葉である。…

※「洋灯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

洋灯の関連キーワード差し置く・差置く・差し措くテールランプ深尾須磨子渡辺啓助下伏しランプ屈まるなぐれ電灯一種照明耿耿当世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android