コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くつわbit

翻訳|bit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


くつわ
bit

馬具の一種。馬の口にはめ,手綱につないでを制御する道具。日本では馬の口に入るところを馬銜 (はみ。喰) ,面繋 (おもがい。→三繋 ) を受ける壺金を立聞 (たちぎき) ,手綱をつなぐ部分を引手,馬両端にある板を鏡板という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くつ‐わ【×轡/×銜/×鑣】

《口輪の意》手綱(たづな)をつけるため、馬の口にかませる金具。くつばみ。くくみ。「―をとる」
手綱。
紋所の名。円形の中に十字を置く。轡の鏡の部分の形をかたどったもの。
遊女屋。また、遊女屋の亭主。忘八(ぼうはち)。
「女郎は浮気らしく見えて心の賢きが上物、と―の又市が申せし」〈浮・一代男・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くつわ【轡】

馬の口にくわえさせて馬を制御するのに用いる用具で,大部分が金属製。馬を使う上で最も重要なものである。馬の口中に入る部分を銜(はみ),銜の両端につけて轡を面繫(おもがい)につなぐ部分を鏡板(かがみいた),銜の両端に組み合わせて手綱を結びとめる棒状の部分を引手(ひつて)という。騎乗者や御者はこの手綱を通じて馬を制御する。轡の字はもともと〈たづな〉の意で,現代の中国語でも手綱を指し,銜の字が〈くつわ〉を意味するというように,同一の漢字でも内容の違うことがあるので注意を要する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くつばみ【轡】

〔口食みの意〕
くつわ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


くつわ

ウマの口に取り付け、手綱(たづな)をつけてウマを御する馬具。日本語の起源は口輪(くちわ)から転訛(てんか)したとする説がある。古くは「くつばみ」といい、手綱のことを「くつわ」ということもあった。轡のことを勒(ろくはみ)や銜(くつわはみ)という語を用いることがある。現在の轡は、金属製、ゴム製、ナイロン製などがある。轡には小勒銜(しょうろくばみ)と大勒銜の2種類がある。小勒銜は2個の棒状の「はみ身」とその先端にはみ環(かん)(引き手)があり、はみ環に手綱がつけられる。大勒銜は「はみ身」「はみ枝」「轡鎖(くつわくさり)」の3部からできている。はみの部分はウマの口腔(こうくう)の切歯(せっし)と前臼歯(ぜんきゅうし)との間の歯のない部位(槽間縁(そうかんえん))に取り付ける。
 人類は最初、ウシと同じように鼻環をウマに取り付けていたが、ウマの口腔の解剖学的構造を巧みに利用して轡を発明した。轡は、初めは布、綱、革紐(ひも)などが用いられていた。最古の固定した轡としては、紀元前2000年ころ鹿角(ろっかく)製のものが出現している。その後、青銅製から鉄製になっている。わが国にはアジア大陸から鉄製の轡が渡来している。古墳時代の出土品には、「はみ身」に鏡板がついていて、当時の優れた技術を知ることができる。[松尾信一]
『日本乗馬協会編『日本馬術史 第3巻』(1940・大日本騎道会/復刻版・1980・原書房) ▽森浩一編『日本古代文化の探求・馬』(1979・社会思想社) ▽加茂儀一著『騎行・車行の歴史』(1980・法政大学出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【ウマ(馬)】より

…奇蹄目ウマ科ウマ属の哺乳類。現世のものはウマ科ウマ属しかない。ウマ属には,ウマ亜属(プシバルスキーウマ,家畜のウマおよび絶滅したターパン),アジアノロバ亜属(オナジャー,キャン),グレビーシマウマ亜属(グレビーシマウマ),シマウマ亜属(サバンナシマウマ,ヤマシマウマ,絶滅したクアッガ)と,それらと古く分かれたロバ亜属(アフリカノロバと家畜のロバ)がある。北アメリカ起源であるが,現代では野生種はアジア,アフリカにだけ分布する。…

【馬具】より

…馬の機能からみると,制御用,騎手や荷物の安定用および牽引力の伝達用,装飾,武具などの身体を保護するものに四大別することができる。第1の馬を制御するために必要な装具は,(くつわ)と轡を頭に固定させる面繫(おもがい)と手綱とである。第2は騎手の安定を保つための(くら)と鞍の両側にさげて足をかける(あぶみ),あるいは荷物をのせる鞍,車や犂(すき)を付ける装具である。…

※「轡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

轡の関連キーワード面繋・面繫・羈・覊承鞚・七寸・水付立ち聞き・立聞き轡を並べる轡をはめる木の葉銜木の葉轡枚を銜む蒺蔾轡立聞き鞍皆具乗り轡杏葉轡轡助け白磨き十字轡轡格子遊女屋出雲轡細馬

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

轡の関連情報