打上げ(読み)ウチアゲ

  • 上げ/打
  • 揚げ

デジタル大辞泉の解説

空高く上げること。「気象衛星の―」

㋐芝居や相撲などの興行を終えること。
㋑事業や仕事などを終えること。また、その終了を祝う宴。
打ち上げ花火」の
能楽囃子(はやし)歌舞伎鳴り物手法の一つで、演奏に一段落つけるために調子を一段高めて奏するもの。
(すだれ)を巻き上げて出入りするようにつくった駕籠(かご)。打ち上げ簾。打ち上げ乗り物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

打上げの関連情報