コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)上げ/打(ち)揚げ ウチアゲ

デジタル大辞泉の解説

うち‐あげ【打(ち)上げ/打(ち)揚げ】

空高く上げること。「気象衛星の―」

㋐芝居や相撲などの興行を終えること。
㋑事業や仕事などを終えること。また、その終了を祝う宴。
打ち上げ花火」の略。
能楽囃子(はやし)歌舞伎鳴り物の手法の一つで、演奏に一段落つけるために調子を一段高めて奏するもの。
簾(すだれ)を巻き上げて出入りするようにつくった駕籠(かご)。打ち上げ簾。打ち上げ乗り物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

打(ち)上げ/打(ち)揚げの関連キーワードアトラスセントールロケット宇宙航空研究開発機構エネルギア・ロケットギアナ宇宙センターバンデンバーグ基地宇宙開発史(年表)ランチウインドーエリオス偵察衛星地球物理観測衛星インターコスモスサンマルコ計画エクスプローラヨーロッパ1号デルタロケットHⅡAロケットスペースデブリ宇宙センタースプートニク長征ロケット観測ロケット

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android