コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指出 さしだし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指出
さしだし

戦国時代から安土桃山時代に行われた検地の一方法。大名が検地を行わず,給人,寺社などに知行地の面積,作人,収穫量などの報告書を差出させることを指出といった。戦国大名も,織田信長も,総じて豊臣秀吉以前の検地ではこの方法がとられ,秀吉の検地 (→太閤検地 ) においても,これを提出させて検地の基礎とした。指出は江戸時代初期まで行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

指出の関連キーワード差し出し・差出し・指出安土桃山時代(年表)興福寺(奈良市)長宗我部地検帳指出(差出)大名領国制織豊政権筒井順慶指出検地指出瑞貴松代藩佐渡国

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

指出の関連情報