指出(読み)さしだし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指出
さしだし

戦国時代から安土桃山時代に行われた検地の一方法。大名が検地を行わず,給人,寺社などに知行地の面積,作人,収穫量などの報告書を差出させることを指出といった。戦国大名も,織田信長も,総じて豊臣秀吉以前の検地ではこの方法がとられ,秀吉の検地 (→太閤検地 ) においても,これを提出させて検地の基礎とした。指出は江戸時代初期まで行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android