コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指頭画 しとうが zhi-tou-hua

6件 の用語解説(指頭画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指頭画
しとうが
zhi-tou-hua

手のひらや指,爪などに墨や顔料をつけて描いた絵画。指画ともいう。中国,清の高其佩 (こうきはい) が技法として本格的に用いたのが始り。彼の従孫の高秉 (こうへい) の著書『指頭画説』によれば,この技法は唐の張そう (ちょうそう) が創案したと伝えているが確証はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しとう‐が〔‐グワ〕【指頭画】

指先やつめを筆の代わりに使って描く水墨画。中国に始まり、日本では池大雅(いけのたいが)ら南画家が得意とした。指画(しが)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

指頭画【しとうが】

東洋画の一種で,手や指,爪(つめ)に墨または絵具をつけて描いた絵。指画,指墨ともいう。中国ではこの技法の伝統は古いが,清の高其佩(こうきはい)が一つの画法として完成させ,その従孫の高秉(こうへい)に《指頭画説》の著作がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しとうが【指頭画 zhí tóu huà】

中国絵画において筆のかわりに,指を用いてかく絵画。指画,指墨ともいい,爪や指先を使い分けて,細線,点なども自在に表現する。唐時代に張璪が手掌を用いて制作した記録があるが,近世の指頭画は,清の高其佩(こうきはい)が創始し,多くの追随者を生んだ。また高其佩には《指頭画説》の著がある。日本でも池大雅らがこれを行った。その粗放な画風は潑墨画の系譜に属するものとみなされる。【戸田 禎佑】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しとうが【指頭画】

指先で描く絵。普通、長く伸ばした小指のつめに墨を含ませて描く。清しんの高其佩こうきはいが始めたとされ、池大雅・黒川亀玉らが得意とした。指画ゆびえ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

指頭画
しとうが

指画、指墨ともいい、筆のかわりに、手の指の肚(はら)や爪(つめ)に墨をつけて描く水墨画の技法の一つ。中国唐代の張(ちょうそう)が始めたといわれるが、これは筆を使った画面の一部に用いたものと思われる。本格的なものは清(しん)代の高其佩(こうきはい)が最初で、指頭画の祖とされ、従孫の高秉(へい)に『指頭画説』(1771)がある。日本では柳沢淇園(きえん)が描いたのが初めといわれるが、現存の遺品はなく、池大雅(いけのたいが)の『五百羅漢(らかん)図』がそのもっとも優れた遺品である。毛筆では表せない描線や墨の濃淡があり、独自の画趣を備えている。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の指頭画の言及

【高其佩】より

…官僚の家に生まれ,漢軍鑲白旗の軍人から,父蔭により入官し,刑部右侍郎に至った。8歳より絵を学び,のち夢に筆ではなく指を用いてかく指頭画の法を得たと伝えられ,表意性の強い作品を数多く製作した。指頭画法は,のちの中国のみならず,池大雅等,日本の南画にも多大の影響を与えた。…

【柳沢淇園】より

…長崎派の影響を強く受け,細密な写生と濃厚な賦彩による作品を数多く残している。また指や爪に墨をつけて描く指頭画(しとうが)をも得意とし,特に竹を好んで描いた。指頭画の技法は淇園に師事した池大雅に影響を与えている。…

※「指頭画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

指頭画の関連キーワード電子顕微鏡擦筆星点釉裏紅意味合替字ウェットラボ鈴木敬潑墨替え玉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

指頭画の関連情報