コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛川[市] かけがわ

百科事典マイペディアの解説

掛川[市]【かけがわ】

静岡県南部の市。1954年市制。赤石山脈南端の山地と太田川支流の沖積低地にまたがり,南部は遠州灘に面し,畑の大半を茶園が占める茶の大産地。中心市街は城下町,東海道の宿場町として発達。
→関連項目館林藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かけがわ【掛川[市]】

静岡県南西部の市。1954年市制。人口7万6839(1995)。東海道の要所にあり,市域には古くから掛川宿,日坂(につさか)宿が置かれた。中心市街の掛川は城下町でもあり,商業が栄え,特産品として葛布(かつぶ∥くずふ)が生産された。江戸時代に掛川藩主太田氏が生産を奨励,明治中期以降は壁布として輸出され,掛川の主要産業であったが,現在は衰退した。1802年(享和2)には藩が儒者松崎慊堂(こうどう)を招き,藩校徳造書院を開設している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

掛川[市]の関連キーワード佐夜ノ中山

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掛川[市]の関連情報