コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撃剣興行 げっけんこうぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

げっけんこうぎょう【撃剣興行】

明治初頭,剣術の試合を木戸銭(入場料)をとって一種の見世物として行った興行。明治維新後,1871年(明治4)の廃藩置県に伴う藩校の廃止,同年,脱刀の自由を認めた脱刀令,73年ころから始まった秩禄処分,76年帯刀を禁止した廃刀令などにより,武士は禄と刀を奪われた。なかでも,武術指導を専門としていた武士たちの生活は窮乏し,慣れない他の職業に生活の道を求めなければならず,日本古来のものを顧みない文明開化世相とあいまって,武術は著しく衰退した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

撃剣興行
げきけんこうぎょう

1873年(明治6)4月、東京・浅草御門外(あさくさごもんそと)、左衛門河岸(さえもんかし)に開かれた榊原鍵吉(さかきばらけんきち)の「官許撃剣会」をはじめとする武芸興行の総称。榊原は旧幕府講武所の師範役を勤めた剣術界の長老で、脱刀令(1871)以後の一門剣士らの窮迫に頭を悩まし、救済の一助として、相撲(すもう)興行に倣って、撃剣の試合興行を企画した。東京府知事大久保一翁(いちおう)の好意的な計らいで許可を得て、浅草専念寺の住職、田沢俊明、侠商(きょうしょう)三河屋幸三郎らの後援によって、ようやく開催にこぎつけた。
 会期は晴天10日間、小屋の中央に土俵をまねた板の間をつくり試合場とし、剣士を東西に分けて、一本試合三番勝負とし、行司役をたてて勝負をはっきりさせた。また観客を楽しませるため、貝・太鼓でにぎやかに景気をつけたり、若い女流の薙刀(なぎなた)をとりまぜて、いろいろ趣向を凝らしたので爆発的な人気をよんだ。その後、横浜を皮切りに各地で盛んに興行した。一方この大成功に、他の諸会派も相次いで興行を催した。しかし、あまりの乱立のため7月に入って急に客足が落ち、不祥事を起こすものが出たため、東京府は7月末にて興行を禁止した。
 西南の役後、撃剣会の再興が図られたが、もはやかつての華やかさはなかった。しかし、のちに出場剣士の一部は中・高等教育の場で撃剣教師に招かれるなど、近代剣道の再興・発展に寄与するものも少なくなかった。[渡邉一郎]
『石垣辰雄著『直心影流極意』(1935・北斗星社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の撃剣興行の言及

【榊原鍵吉】より

…1856年(安政3)男谷の推挙で講武所剣術教授方となり,のち下谷車坂に道場を開いて剣術指導一筋に動乱期を過ごした。明治維新後,武芸は衰えるが,73年武芸者の同志を集め官許を得て,浅草左衛門河岸で撃剣興行(げつけんこうぎよう)を行い成功した。78年上野公園で行われた天覧試合で総指図役をつとめ,87年伏見宮邸で兜(かぶと)試斬りを天覧に供した。…

※「撃剣興行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

撃剣興行の関連キーワード剣舞(けんぶ)園部 秀雄榊原鍵吉直心影流園部秀雄薙刀剣道

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android