放射線重合(読み)ホウシャセンジュウゴウ

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんじゅうごう【放射線重合 radiation‐induced polymerization】

スチレンやアクリロニトリルなどモノマー(単量体)にγ線や電子線などの高エネルギー放射線を照射すると,二重結合への付加反応が連鎖的に起こり,高分子量の重合体(ポリマー)が得られる。このように放射線によって誘起される重合反応を放射線重合という。放射線はラジカルによる重合反応ばかりでなく,イオンによる重合反応の誘起も可能であり,場合によっては両機構が共存することもある。放射線が関与するのは連鎖反応の引金となる開始反応のみであり成長反応や連鎖の停止反応には関与しない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうしゃせんじゅうごう【放射線重合】

X 線・ γ 線・電子線などの高エネルギー放射線の照射によって起こる付加重合。低温でも、また、気相・液相・固相のいずれにおいても、反応を行わせることが可能であり、種々の高分子物質の製造に利用する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうしゃせん‐じゅうごう ハウシャヂュウガフ【放射線重合】

〘名〙 放射線を単量体に照射して行なう重合。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android