御天気(読み)おてんき

精選版 日本国語大辞典「御天気」の解説

お‐てんき【御天気】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 空模様、晴天の意を丁寧にいう語。
※歌舞伎・三浦大助紅梅靮(石切梶原)(1730)大詰「このお天気(テンキ)で、星合寺が賑やかな事ぢゃわい」
② 人のきげん。きげんのよしあし。また、その時々で気が変わることや、その人。気まぐれ。
※春泥(1928)〈久保田万太郎〉みぞれ「役者なんてものは、お天気のはうがいいんだ」
③ のんきで、気楽なこと。おめでたいこと。
※あの道この道(1928)〈十一谷義三郎〉一「働き手で意気地の無いお天気極まる男と、買ひ食ひと金棒曳きが日課の太平楽な女が」
④ (晴天のためにからからになる意から) 金銭をもっていないこと。無一文。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御天気」の解説

お‐てんき【御天気】

天気を丁寧にいう語。「お天気が怪しい」「お天気の日」
人の機嫌のよしあし。また、機嫌のよいこと。「おやじのお天気が変わらないうちに」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android