コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縦〔縱〕 ジュウ

デジタル大辞泉の解説

じゅう【縦〔縱〕】[漢字項目]

[音]ジュウ(慣) ショウ(漢) [訓]たて ほしいまま たとい よしや
学習漢字]6年
〈ジュウ〉
たて。「縦横縦走縦断
思う存分にする。ほしいまま。「縦覧操縦放縦
〈ショウ〉ほしいまま。「放縦
〈たて〉「縦軸縦笛
[名のり]なお
[難読]縦令(たとい・たとえ)

たて【縦/経/×竪】

上下の方向。また、その長さ。「首を―に振る」「―書き」⇔
前後の方向。また、その長さ。「―に一列に並ぶ」⇔
立体や平面のいちばん長い方向。「布を―に裂く」⇔
南北の方向。「大陸を―に貫く大河」⇔
身分・階級・年齢などによる、人間の上下の関係。「―社会」⇔
織物の縦糸。⇔

ほしい‐まま【縦/恣/×擅】

[形動][文][ナリ]《「ほしきまま」の音変化》思いのままに振る舞うさま。自分のしたいようにするさま。「権力を―にする」「―な空想にひたる」

ほしき‐まま【縦/恣/×擅】

[形動ナリ]ほしいまま」に同じ。
「巧みにして―なるは失のもとなり」〈徒然・一八七〉

よし【縦】

[副]《形容詞「よし」から。「可(よ)し」と仮に許す意》
(仮定の表現を伴って)仮に。たとえ。よしんば。万一。
「―解った処が仕様の無い話で」〈小杉天外・はやり唄〉
満足ではないがやむをえないとするさま。ままよ。
「人皆は萩を秋と言ふ―我は尾花が末(うれ)を秋とは言はむ」〈・二一一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よし【縦】

( 副 )
〔「可し」と仮に許す意〕
(下に仮定の言い方を伴う)好ましくないことであっても…だ、の意を表す。たとえ。かりに。万一。 「 -命を失おうとも悔いはしない」 「 -其れが出来難いにせよ/武蔵野 独歩
不満足だがまあしかたがない、それはそれでまあいい、などの気持ちを表す。ままよ。 「人皆は萩を秋と言ふ-我は尾花が末うれを秋とは言はむ/万葉集 2110
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

縦〔縱〕の関連キーワード縦線[bar line]PS縦書き印字サポート精巧なフルートキャスト縦隔ヘルニア/縦隔転位バーチダイアグラムバーティカルカーブ縦凹地および稜楊柳クレープ縦鼻横目千本格子ヤング率養老絞り食道損傷縦隔腫瘍縞羽二重万葉集単縦線弾性波養老絞挽き割

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android