コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縦〔縱〕 ジュウ

6件 の用語解説(縦〔縱〕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅう【縦〔縱〕】[漢字項目]

[音]ジュウ(慣) ショウ(漢) [訓]たて ほしいまま たとい よしや
学習漢字]6年
〈ジュウ〉
たて。「縦横縦走縦断
思う存分にする。ほしいまま。「縦覧操縦放縦
〈ショウ〉ほしいまま。「放縦
〈たて〉「縦軸縦笛
[名のり]なお
[難読]縦令(たとい・たとえ)

たて【縦/経/×竪】

上下の方向。また、その長さ。「首を―に振る」「―書き」⇔
前後の方向。また、その長さ。「―に一列に並ぶ」⇔
立体や平面のいちばん長い方向。「布を―に裂く」⇔
南北の方向。「大陸を―に貫く大河」⇔
身分・階級・年齢などによる、人間の上下の関係。「―社会」⇔
織物の縦糸。⇔

ほしい‐まま【縦/恣/×擅】

[形動][文][ナリ]《「ほしきまま」の音変化》思いのままに振る舞うさま。自分のしたいようにするさま。「権力を―にする」「―な空想にひたる」

ほしき‐まま【縦/恣/×擅】

[形動ナリ]ほしいまま」に同じ。
「巧みにして―なるは失のもとなり」〈徒然・一八七〉

よし【縦】

[副]《形容詞「よし」から。「可(よ)し」と仮に許す意》
(仮定の表現を伴って)仮に。たとえ。よしんば。万一。
「―解った処が仕様の無い話で」〈小杉天外はやり唄
満足ではないがやむをえないとするさま。ままよ。
「人皆は萩を秋と言ふ―我は尾花が末(うれ)を秋とは言はむ」〈・二一一〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

よし【縦】

( 副 )
〔「可し」と仮に許す意〕
(下に仮定の言い方を伴う)好ましくないことであっても…だ、の意を表す。たとえ。かりに。万一。 「 -命を失おうとも悔いはしない」 「 -其れが出来難いにせよ/武蔵野 独歩
不満足だがまあしかたがない、それはそれでまあいい、などの気持ちを表す。ままよ。 「人皆は萩を秋と言ふ-我は尾花が末うれを秋とは言はむ/万葉集 2110
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縦〔縱〕の関連キーワード縦断其の方其の向き高さ向く恋に上下の差別無し空様膨ら右ネジの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone