(読み)よし

精選版 日本国語大辞典「縦」の解説

よし【縦】

〙 (形容詞「よし」から。「可(よ)し」と仮に許す)
① 満足ではないが、仕方がないとして放任・許容するさま。まあいい。ままよ。
万葉(8C後)一〇・二一一〇「人皆は萩を秋と云ふ縦(よし)吾れは尾花が末(うれ)を秋とは言はむ」
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)一「勅諚なれば姫宮もよし力なし去ながら、心に染まぬ妻定め左右なう引べき様はなし」
② (多く下に逆接の仮定条件を表わすを伴って) たとい。かりに。万一。よしんば。
※万葉(8C後)二・一四九「人は縦(よし)思ひ止むとも玉かづら影に見えつつ忘らえぬかも」
謡曲・吉野静(1423頃)「思へば涙み吉野の、よし逃がれずと君をだに、落とし申さばそれまでぞと」

たつ【縦】

宗長手記(1522‐27)下「本城までたつに堀つづけ、あしをとどむべきやうもなし」

たた【縦】

〘名〙 他の語と複合して「たて(縦)」の意を表わす。「たたさ」「たたさま」など。

じゅう【縦】

〘名〙
① たて。⇔横。〔東方朔‐七諫・沈江〕
南北方角。〔淮南子‐覧冥訓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「縦」の解説

たて【縦/経/×竪】

上下の方向。また、その長さ。「首を—に振る」「—書き」⇔
前後の方向。また、その長さ。「—に一列に並ぶ」⇔
立体平面のいちばん長い方向。「を—に裂く」⇔
南北の方向。「大陸を—に貫く大河」⇔
身分階級・年齢などによる、人間の上下の関係。「—社会」⇔
織物縦糸。⇔

よし【縦】

[副]《形容詞「よし」から。「し」と仮に許す意》
(仮定の表現を伴って)仮に。たとえ。よしんば。万一。
「—解った処が仕様の無い話で」〈小杉天外・はやり唄〉
満足ではないがやむをえないとするさま。ままよ。
「人皆は萩を秋と言ふ—我は尾花がうれを秋とは言はむ」〈・二一一〇〉

じゅう【縦〔縱〕】[漢字項目]

[音]ジュウ(慣) ショウ(漢) [訓]たて ほしいまま たとい よしや
学習漢字]6年
〈ジュウ〉
たて。「縦横縦走縦断
思う存分にする。ほしいまま。「縦覧操縦放縦
〈ショウ〉ほしいまま。「放縦
〈たて〉「縦軸縦笛
[名のり]なお
[難読]縦令たとい・たとえ

ほしい‐まま【縦/恣/×擅】

[形動][文][ナリ]《「ほしきまま」の音変化》思いのままに振る舞うさま。自分のしたいようにするさま。「権力を—にする」「—な空想にひたる」
[類語]勝手わがまま横着身勝手得手勝手手前勝手自己本位好き放題好き勝手気随気まま恣意的しいてき利己的エゴイスチック好き自分勝手気任せ奔放自由尊大横柄傲然高慢傲慢驕慢倨傲大風おおふう高姿勢高飛車高圧的居丈高権柄尽く・偉そう・口幅ったい僭越越権不遜態度が大きい我が物顔空威張り野太い図太い太い豪胆厚かましい図図しいふてぶてしいおこがましいえげつないいけ図図しい猛猛しい虫がいい厚顔厚顔無恥鉄面皮破廉恥面の皮が厚い心臓が強い心臓に毛が生えている恥知らず傍若無人人を人とも思わない眼中人無し聞く耳を持たない横紙破りふんぞり返る自己中人も無げ自由自在縦横縦横無尽意のまま思いのまま思い通り自在随意任意ランダム無作為恣意存分ぞんぶん不羈ふきフリーフリーダムリバティー放埒ほうらつ放縦放恣放逸野放図無軌道勝手次第無謀無鉄砲めくら滅法闇雲盲目的後先見ず向こう見ず命知らず無闇やたらみだり無性にむやみやたらめったやたらめった無下に後先なし破れかぶれやけ自暴自棄ふてくされるやけくそやけっぱち自棄捨て鉢八方破れ

ほしき‐まま【縦/恣/×擅】

[形動ナリ]ほしいまま」に同じ。
「巧みにして—なるは失のもとなり」〈徒然・一八七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android