コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散らし書き ちらしがき

3件 の用語解説(散らし書きの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ちらしがき【散らし書き】

色紙・短冊などに歌の文句を、行を整えずとびとびに、また草仮名や平仮名をまぜ、濃く薄く、細く太くなどさまざまに散らして書くこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちらしがき【散らし書き】

和歌や仮名消息の書式の一種。墨の濃淡や筆線の太細によって,一定の紙面に墨色を配分して書き,水墨画的手法を加えて繊細優美な仮名の特色を効果的に表現した日本書道独自の書法。散らし方に法則はなく,平安時代の三色紙と称される継色紙寸松庵色紙,升色紙は和歌の散らし書きの古例の代表である。文字の大小や配置,墨継ぎの位置と余白との調和によって,絵画における遠近描写に似た奥行きを見せる。仮名消息の散らし書きは平安中期ころの遺品がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

散らし書き
ちらしがき

和歌や仮名消息などの書法の一種。紙面構成の一法として、文字を散らして布置するわが国独自の書き方。散らし書きの手紙の古い遺品としては、966年(康保3)ごろ書写の「虚空蔵菩薩念誦次第(こくうぞうぼさつねんじゅしだい)紙背仮名消息」(滋賀・石山寺)、藤原公任(きんとう)自筆『北山抄』紙背の「仮名消息」(京都国立博物館)や、11世紀初頭と推定される「三宝感応要録(さんぼうかんのうようろく)紙背仮名消息」(京都・鳩居堂(きゅうきょどう))があげられる。各行に高低の変化をつけ、流暢(りゅうちょう)に続く連綿はきわめて美しい。『源氏物語』には「乱れ書き」とよばれており、行の上下をそろえた手紙よりも乱れ書きのものに「今めかしうをかしげ」な、つまり当世風の新しい魅力を感じていたようである。さらに、室町以降は「女房奉書(にょうぼうほうしょ)」として定着した。これは天皇側近の女官勾当内侍(こうとうのないし)が勅旨を受けて出した仮名書きの文書で、かならず散らし書きで書かれていた。この女房奉書のスタイルを踏襲して、後の公卿(くぎょう)や武家の女性たちは消息をしたためた。
 一方、和歌の散らし書きの古例の代表としては、『寸松庵(すんしょうあん)色紙』『継(つぎ)色紙』『升(ます)色紙』や『元永(げんえい)本古今集』などがある。墨の濃淡・潤渇、線の細太、あるいは文字の連綿、余白を最大限に巧みに生かしたみごとな紙面構成のなかに筆者の美意識を盛り込んでいる。しかし、14世紀なかばの『麒麟抄(きりんしょう)』に、「書歌事」として「立石(たていし)」「藤花(ふじのはな)」「木立(こだち)」の名称をあげ、字配りや文字の位置まで細かく説明しているように、鎌倉時代には流儀の枠にとらわれ、しだいに定型化していった。江戸初期、本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)、近衛信尹(このえのぶただ)、松花堂(しょうかどう)昭乗の「寛永(かんえい)の三筆」によりふたたび新しい散らし書きの美を生むに至ったが、現代の仮名書壇は、古筆に依拠する和歌の散らし書きの作品が大半を占めている。[尾下多美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

散らし書きの関連キーワード墨絵連綿体水墨山水墨隈染め斑濃淡発墨比色横詠草色味

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

散らし書きの関連情報