コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散布度 さんぷどdispersion

翻訳|dispersion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

散布度
さんぷど
dispersion

分散度ともいい,データの散らばりの程度を示す統計量。分散標準偏差,変動計数などがよく用いられる。分散は,各データと平均値の差を2乗したものの総和でありその値が小さいほど散らばりは小さい。またデータと同一の単位で散らばり具合を見るためには,分散の正の平方根である標準偏差を用いればよい。分散や標準偏差は,平均値が大きくなるほど大きくなる傾向があるため,単位の異なるデータの間や,中心位置の値が大きく異なるデータの間で散らばり具合を比較するには,標準偏差を平均値で割った値である変動係数が用いられる。変動係数も,値が小さいほど散らばり具合は小さい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんぷ‐ど【散布度】

一つの集団についての統計データで、平均値のまわりでの散らばりの度合い。平均偏差・標準偏差など。散らばりぐあい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

散布度

 度数分布の代表値よりのばらつきの程度を表す指標.偏差,標準偏差などで表す.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんぷど【散布度 dispersion】

統計データのばらつきの度合を表す量のことを一般に散布度と呼び,分散,標準偏差,不偏分散,平均偏差,データの範囲などがある。もっともよく用いられるのは,分散,標準偏差である。データをx1,……,xn,平均値(x1+……+xn)/nとする。データが平均値のまわりにどの程度ばらついているかを示す尺度で,を分散という。容易にわかるようにとなるから,分散の計算にはデータの2乗の平均値から,2を引算すればよい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんぷど【散布度】

統計データの散らばりの程度を表す数値。データの範囲・分散・平均偏差・標準偏差などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

散布度
さんぷど

変量の値の散らばりの度合いを表す数学用語。変量の値が1か所の近くに固まっていれば散布度は小さく、広い範囲に広がっていれば散布度は大きい。散布度としては標準偏差を用いることが多いが、平均偏差が用いられることもある。範囲(レンジ)を用いて散布度を表すこともある。範囲は、変量の値の最大値と最小値との差である。[古屋 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の散布度の言及

【分散】より

…(1)波などの振動に関する物質定数が,振動数によって変わる現象。例えば,光に対する媒質の屈折率が波長によって変化する現象が光分散である。光がプリズムを透過するとき,光の進行方向が波長によって異なるのも光分散現象の一例で,プリズム分光の基本原理となっている。媒質中の光の屈折率と波長との関係は,1835年にA.L.コーシーが弾性波動説に基づき分散式を導出してから多くの研究がなされている。光分散【朝倉 利光】(2)ある均一な物質の中に他の物質が微粒子状になって分布していく現象。…

※「散布度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

散布度の関連キーワード古屋変量

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android