コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文字絵 モジエ

百科事典マイペディアの解説

文字絵【もじえ】

文字で戯画を描く遊び。〈へのへのもへじ〉(西日本では〈へのへのもへの〉),〈ヘマムショ入道〉など一連の文字のみで描くものと,文字に絵を加えるものとがあり,葦手も文字絵の一種と考えられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もじえ【文字絵】

唱え言葉の文字を組み合わせて絵をつくる遊び。子どもの間に広く伝承されているもので多くの例があるが,なかでも〈ヘマムシ(ョ)入道〉や〈へのへのもへじ〉(または〈へのへのもへの〉),〈いろは天狗〉や〈つるハ〇〇ムし〉などが有名である。〈ヘマムシ入道〉の文字絵は山東京伝の《奇妙図彙(ずい)》にも出ている。〈へのへのもへじ〉は主として東日本で,〈へのへのもへの〉は主として西日本で行われているが,中部地方にはそれらの変形として〈へのへのもへと〉の例も報告されており,また筆順が〈へへののもへじ〉の唱え言葉による例も関東・中部地方にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もじえ【文字絵】

文字で描いた戯画。「へのへのもへじ」「へまむしよ入道」の類。
葦手あしで」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文字絵
もじえ

文字をあしらって絵画的に表現したもの。よくみられる「へのへのもへじ」はその類。これは文字のみで描くが、文字を巧みに組み合わせ、それに頭、手足などを書き足して文字絵を書くこともある。
 日本では平安時代に葦手絵(あしでえ)とよばれるものも、広い意味で文字絵といえよう。水際に葦などの生えた姿を描いたもので、草木、岩、鳥などを配し、和歌などを散らし書きにした絵となっている。葦手絵は葦手書き、散らし書きなどともよばれた。江戸時代には戯画として文字絵が盛んに描かれた。当時の随筆『嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)』(1830)によると「宝暦(ほうれき)のころ童(わらは)の翫(もてあそ)びの草子に文字絵とて武者などの形を文字にてかき頭と手足をば絵にてかきそへたるものあり」とあり、文字絵は子供たちのなぐさみとなっていたことがわかる。また江戸時代には、文字絵の一種として衣装の図柄に文字を使う「文字入(いり)」があった。
 ヨーロッパにおいても文字を装飾的にした飾り文字がみられる。それには、文字自身を絵画的に表現したものと、文字に人物などを組み合わせたものとがある。前者はワイシャツなどにみられる。[芳井敬郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

文字絵の関連キーワードCI(corporate identity)悪戯書き・徒書きガクガクブルブルなぞり書き李朝民画炙り出す自動書記ギャル夫朝鮮美術札・簡なぞるまむしゴルァorz足芸絵本漫画余白ノシ刻石

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文字絵の関連情報