コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文政金銀 ぶんせいきんぎん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文政金銀
ぶんせいきんぎん

江戸時代,文政1 (1818) ~12年の文政改鋳の際,新鋳,改鋳された金・銀貨幣の総称。金貨幣には一朱金一分金,二分金,小判など,銀貨幣には一朱銀,二朱銀丁銀 (ちょうぎん) ,豆板銀などがあった。幕府財政悪化を打開するため改鋳益金 (品位を落して差額を収益とする) 入手を目的として鋳造されたもので慶長金銀元禄金銀元文金銀などの古貨に比べ著しく劣悪だった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんせい‐きんぎん【文政金銀】

江戸幕府が文政年間に鋳造を始めた金銀貨。二分金一朱金一朱銀の新鋳と、小判一分金二分金丁銀豆板銀二朱銀の改鋳とがある。背面に草書の「文」の字があるものを草文・草文字金銀新文字金銀といい、新鋳の二分金は楷書を用いたので真字真文)二分金といった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

文政金銀【ぶんせいきんぎん】

1818年―1829年(文政1年―12年)に鋳造された貨幣。長く元文(げんぶん)金銀が流通していたが,文化(ぶんか)・文政(ぶんせい)期における経済発展や幕府財政の窮乏化に対応して,品位を落とし改鋳。小判・真文(しんぶん)二分金・一分金・草文(そうぶん)二分金・丁銀豆板銀・南鐐二朱(なんりょうにしゅ)銀・南鐐一朱銀など6回に分けて鋳造。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんせいきんぎん【文政金銀】

1818年(文政1)発行の文政真文二分金はじめ,19年の文政小判,文政一分金,20年の文政丁銀・豆板銀,24年の文政南鐐二朱銀,文政一朱金,28年の文政草文二分金,29年の文政南鐐一朱銀を総称していう。江戸幕府は1736年(元文1)の貨幣改鋳以来,長期間にわたりほとんど改鋳・増鋳を行わなかったが,文化・文政期(1804‐30)における経済発展や幕府財政の窮乏化に対応して大規模な改鋳が実施された。文政期の改鋳に際して,幕府は1824年大坂で両替屋十五軒組合を組織し,江戸においても両替屋に新二朱銀の引替方を編成し,新旧両貨の交換業務を円滑に行うことができる体制の強化につとめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんせいきんぎん【文政金銀】

文政年間(1818~1830)に江戸幕府が鋳造した金銀貨の総称。二分金・小判・一分金・丁銀・豆板銀・二朱銀・一朱金・一朱銀などがある。これらには「文」の字が打印されている。新文字金銀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の文政金銀の言及

【文化文政時代】より

…将軍家斉は生涯を通じて40人の側妾(そくしよう)を持ち,このうち17人の腹から55人の子が生まれたが,これは家斉の大奥生活がどんなに長かったかを物語るものであり,豪奢(ごうしや)な生活内容を示唆してあまりある。 家斉の奢侈(しやし)生活や北方問題の進展による出費の増大が,寛政改革でやや立直りを見せた幕府財政をふたたび悪化させたが,幕府はこれに対して,倹約令の反復と並んで貨幣改鋳(文政金銀)の益金に頼る方針を取った。しかし前後8回に及ぶ悪貨の乱発は幕府財政の補強には役だったが,諸物価の騰貴や銭相場の下落などを招き,民衆の生活をいっそう悪化させた。…

※「文政金銀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

文政金銀の関連キーワード真字二分金天保金銀草文小判草字小判

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android