コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一朱金 いっしゅきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一朱金
いっしゅきん

江戸時代の金貨の一つで,文政一朱金の略称。文政7 (1824) 年鋳造,天保 11 (40) 年まで通用。1両の 16分の1,金品位 12%で不評。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっしゅ‐きん【一朱金】

江戸時代の金貨の一。形は正方形。1両の16分の1にあたる。文政一朱金。→3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

一朱金【いっしゅきん】

江戸時代の四角形の金貨。小判1両の16分の1に当たる。1824年(文政7年)に財政収入の増加を目的にして発行。品位が劣っていたので,一般には悪評で長くは流通せず,1840年(天保11年)に通用停止。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いっしゅきん【一朱金】

江戸時代の金貨の一種。形状は一分金を中央から横に切断したような正方形で,日本の金貨のなかでも珍しい形である。一朱金16枚で小判1両に換えられた。文政7年(1824)7月に創鋳されたが,品位は劣悪で,小型で薄く紛失しやすかったので,世評はすこぶる悪く,天保11年(1840)10月には通用停止となり,それ以後一朱金はつくられなかった。一朱金の表面の色揚げがとれ,銀貨のような白みが感じられたので,俗に〈小二朱こにしゆ)〉と呼ばれ,また〈銀台の似せ小判〉ともいわれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いっしゅきん【一朱金】

一朱に相当する金貨。文政一朱金の一種が通用。品位がきわめて悪かった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一朱金の関連キーワード江戸時代文政金銀武田氏方金金座丁銀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android