一朱金(読み)いっしゅきん

百科事典マイペディアの解説

一朱金【いっしゅきん】

江戸時代の四角形の金貨。小判1両の16分の1に当たる。1824年(文政7年)に財政収入の増加を目的にして発行。品位が劣っていたので,一般には悪評で長くは流通せず,1840年(天保11年)に通用停止。江戸幕府の信用を落とす一因となった。なお天文期(1532年―1555年)に甲斐武田氏が鋳造した甲州金のうちにも一朱金(円形)があった。→一分金

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いっしゅきん【一朱金】

江戸時代の金貨の一種。形状は一分金を中央から横に切断したような正方形で,日本の金貨のなかでも珍しい形である。一朱金16枚で小判1両に換えられた。文政7年(1824)7月に創鋳されたが,品位は劣悪で,小型で薄く紛失しやすかったので,世評はすこぶる悪く,天保11年(1840)10月には通用停止となり,それ以後一朱金はつくられなかった。一朱金の表面の色揚げがとれ,銀貨のような白みが感じられたので,俗に〈小二朱こにしゆ)〉と呼ばれ,また〈銀台の似せ小判〉ともいわれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いっしゅきん【一朱金】

一朱に相当する金貨。文政一朱金の一種が通用。品位がきわめて悪かった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっしゅ‐きん【一朱金】

〘名〙 文政七年(一八二四)から発行した一両の十六分の一、一分の四分の一に相当する正方形の金貨。品位きわめて悪く、形も小さく、取り扱いが不便で、俗に「小二朱」とも呼んだ。文政一朱金。
※雑俳・柳多留‐八〇(1824)「一朱金咄しで医者はにがいかほ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android