新上五島(町)(読み)しんかみごとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新上五島(町)
しんかみごとう

長崎県西部、南松浦(みなみまつうら)郡にある町。2004年(平成16)南松浦郡の若松(わかまつ)、上五島、新魚目(しんうおのめ)、有川(ありかわ)、奈良尾(ならお)の5町が合併して成立。五島列島のほぼ北半分を占める島嶼(とうしょ)からなり、中通(なかどおり)島と若松島(古名狩俣(かりまた)島)を中心に、頭(かしら)ヶ島、祝言(しゅうげん)島、折(おり)島、柏(かしわ)島、串(くし)島、日(ひ)ノ島、有福(ありふく)島、漁生浦(りょうぜがうら)島、その他の属島からなる。中通島には国道384号が通じ、中通島、頭ヶ島、若松島、日ノ島、有福島、漁生浦島は、架橋されて陸路で結ばれる。奈良尾港には長崎港と福江(ふくえ)港(福江島)からジェットフォイルとフェリーが就航し、有川港から佐世保(させぼ)港に、上五島地区の青方(あおかた)港から博多(はかた)港・福江港に、有川地区の鯛(たい)ノ浦港から長崎港に航路がある。
 古くから漁業が盛んで、現在も町の主産業は漁業である。有川湾や新魚目地区の榎津(えのきづ)は定置網漁業でのブリの水揚げが多い。奈良尾港は西日本有数の大型巻網漁業の基地で、ブリの定置網漁業も行われている。若松地区では一本釣りのほかタイ・ハマチなどの養殖、上五島地区ではハマチの養殖、有川地区の鯛ノ浦湾、神ノ浦湾では真珠の養殖も行われている。青方湾の折島、柏島付近には5基440万キロリットルの石油の洋上備蓄基地がある。
 青方は鎌倉御家人青方氏の本拠地で、青方文書は松浦(まつら)党関係史料、中世漁業関係史料として貴重。五島列島はカトリックの信仰厚い地で、キリシタンの伝統をひくカトリック集落が多い。青砂ヶ浦(あおさがうら)教会は1910年(明治43)献堂、頭ヶ島教会は頭ヶ島の石を用いた石造建築が全国的にもめずらしく、ともに天主堂として国指定重要文化財。大曽(おおそ)教会と福見(ふくみ)教会は大正時代の赤レンガ造。ほかに米山(こめやま)、仲知(ちゅうち)、江袋(えぶくろ)、大浦、鯛ノ浦、船隠(ふなかくし)、佐ノ原、桐、土井ノ浦、小田、跡次(あとつぎ)、冷水(ひやみず)などの教会がある。浜串岬には奈良尾船団を見守るマリア像が聳える。
 町域は西海(さいかい)国立公園に含まれ景勝地が多い。近年は観光にも力を入れている。若松港は、海域公園に指定された若松瀬戸に臨み、西海国立公園の観光基地。奈良尾神社の樹齢600年のアコウは国指定天然記念物、極楽寺にある銅造如来(にょらい)立像は国指定重要文化財。面積213.98平方キロメートル、人口2万2074(2010)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android