コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新羅明神 しんらみょうじん

4件 の用語解説(新羅明神の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新羅明神
しんらみょうじん

滋賀県園城寺 (三井寺) の守護神の一つ。元来はこの地方の地主神であったといわれるが,智証大師円珍が唐から帰国のとき船首に出現した一老翁がみずから新羅国明神と称し,仏法を日本に垂迹すべしと命じたのによるとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんら‐みょうじん〔‐ミヤウジン〕【新羅明神】

園城寺(おんじょうじ)の鎮守神。新羅善神堂に祭られている。広義には新羅国の神の意。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新羅明神 しんらみょうじん

仏教の守護神。
園城(おんじょう)寺など天台寺門で伽藍(がらん)鎮護,護法の神としてまつられる。円珍が唐(中国)から勧請(かんじょう)した新羅(しらぎ)系の土俗神とつたえる。一方,比叡(ひえい)山では円仁が勧請した同種の神を赤山(せきさん)明神としてまつる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新羅明神
しんらみょうじん

園城寺(おんじょうじ)(三井寺(みいでら))の鎮守神。新羅善神(ぜんしん)ともいう。園城寺の開山、智証(ちしょう)大師円珍(えんちん)が唐からの帰途、船中に老翁が現れ、我は新羅明神である、円珍のために仏法を守護すると誓った。のち、円珍が園城寺を創(はじ)めたとき、ふたたび新羅明神が現れてその事業を教導し、以後、寺の北野に住んだと伝える。現在、園城寺の境内、北野に所在の新羅善神堂(国宝)には、円珍が船中で感得したという老体の新羅明神を安置する。檜(ひのき)材、一木造(いちぼくづくり)の神像で、高さ78センチメートル、平安時代の作で、国宝に指定されている。[三橋 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新羅明神の関連キーワード広目天持国天守護神守護霊恩詔乾闥婆小乗経天童清滝権現祇園城跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone