コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本平 にほんだいら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本平
にほんだいら

静岡県中部,駿河湾に臨む有度山(307m)の山頂付近の平坦地。静岡市の南東部に位置する。温暖で水はけもよく,茶畑が発達。有度浜に臨む急な南斜面には冬季収穫の石垣いちご栽培地がある。富士山清水港三保の松原などの眺望はすばらしく,国の名勝に指定。日本平・三保の松原県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にほん‐だいら〔‐だひら〕【日本平】

静岡市にある有度山(うどさん)の平坦な山上観光地。富士山展望の景勝地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

日本平【にほんだいら】

静岡県静岡・旧清水市境をなす有度(うど)山塊の山頂。標高307m。山塊は洪積世の泥層や安倍川砂礫(されき)層が隆起したもので,半円形をなし,南側は駿河湾に迫る急崖。
→関連項目清水[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんだいら【日本平】

静岡県中部,静岡市と清水市の境界部にある有度山(うどやま)丘陵頂上付近の平たん地。有度山丘陵は,旧安倍川の堆積作用による扇状地が隆起してできた洪積台地で,厚い砂礫層からなり,最高峰の有度山は標高308m,南部には久能山(216m)がある。日本平は,富士山,三保ノ松原赤石山脈などの眺望にめぐまれた観光地で,1951年に日本平県立自然公園となり,59年には国の名勝に指定された。地名は北麓の静岡市草薙(くさなぎ)に残る日本武尊の伝説にちなむといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にほんだいら【日本平】

静岡県中部、静岡市にある有度うど山山頂付近一帯の観光地。富士山の眺望で知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕日本平(にほんだいら)


静岡県中部、静岡市の駿河(するが)区と清水(しみず)区の境にある有度(うど)山(標高307m)北斜面のなだらかな隆起洪積(こうせき)台地。富士山・伊豆(いず)半島・駿河湾などの展望がよく、国指定の名勝。茶畑の間を縫って日本平パークウェーが通じ、遊園地・ゴルフ場・テレビ送信所などがある。南斜面の久能(くのう)山東照宮近くまではロープウエーが通じる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本平
にほんだいら

静岡県中部、静岡市にある有度山(うどやま)(307メートル)山頂平坦(へいたん)地をさす。東海地方に連続する洪積台地の一つで、安倍(あべ)川によって形成された静岡清水平野が隆起した台地。南側は急傾斜の海食崖(がい)の地形で、有度浜から駿河(するが)湾に面し、崖下は石垣イチゴの産地である。東側も急斜面で清水港に面するが、北と西側は緩やかな斜面で、茶園、ミカン園が広がる。富士山、駿河湾、伊豆半島を一望のもとに収める優れた展望台として知られ、1950年(昭和25)日本観光地百選で第1位になり、1959年に国の名勝に指定され、また県立自然公園にもなっている。東部には日本平スタジアムをもつ清水日本平運動公園、西部には日本平動物園を中心にした池田山自然公園がある。徳川家康ゆかりの久能山(くのうざん)東照宮との間はロープウェーで結ばれている。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日本平の関連キーワードアウトソーシングスタジアム日本平静岡市清水日本平運動公園球技場ジャン・クロード ガロッタ静岡県静岡市駿河区池田静岡県静岡市清水区草薙静岡県静岡市清水区村松Y. ポベレンスキーグローバルヒバクシャ静岡県静岡市駿河区静岡県静岡市清水区清水エスパルス清水(静岡市)長崎の証言の会日本平動物園平野 義太郎静岡県静岡市熊倉 啓安静岡(県)静岡(市)大山 柳子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本平の関連情報