コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早川徳次 はやかわとくじ

2件 の用語解説(早川徳次の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早川徳次
はやかわとくじ

[生]1893.11.3. 東京
[没]1980.6.24. 大阪
経営者。家電メーカーシャープの創業者。2歳で養子に出され,極貧のうちに育ち,学校も小学2年で退学。9歳で飾り職人の丁稚となり,18歳で独立。その金属細工の技術を生かし,1915年に開発・製造した「早川式繰出し鉛筆」 (シャープペンシル) で事業の基礎を固めたが,23年の関東大震災に被災し,工場は壊滅,妻子を失った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

早川徳次

1893〜1980(明治26年〜昭和55年)【実業家】シャープペンシルを発明。 丁稚から身を起こして、シャープ創業者に。大正・昭和期の実業家。東京都出身。貧困のために小学校2年で中退、丁稚奉公後、1912年(大正元)独特のベルトバックル徳尾錠を発明して独立。1916年(大正5)早川式繰出鉛筆(シャープペンシル)を発明し成功した。関東大震災で工場が壊滅、妻子も失う。1924年大阪に早川金属工業研究所(現在シャープ)を設立し、日本でいち早くラジオ受信機、テレビ受像機の試作に成功して社業を伸ばし、その後も太陽電池卓上計算機などを開発。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の早川徳次の言及

【シャープペンシル】より

…当初は〈繰出鉛筆〉と呼ばれて,手工業生産であったが,大正期に機械生産へと移る。その時の製造業者のひとりに早川徳次(電気機械会社シャープの創始者)があげられる。1915年に売り出された〈スクリュウペンシル〉〈プロペラペンシル〉が翌年〈エバレディシャープペンシル〉と改称され,以後日本ではシャープペンシルが総称となる(英語ではメカニカル・ペンシル)。…

※「早川徳次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

早川徳次の関連キーワード山科政一昭和町今中次麿酒井杏之助中島実早川徳次(2)俵藤丈夫保良せき南洋一郎八木繁一

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早川徳次の関連情報