明治節(読み)メイジセツ

百科事典マイペディアの解説

明治節【めいじせつ】

旧四大節の一つ。11月3日。明治天皇誕生の日を記念するため1927年に制定,祝日とされ,学校・軍隊などで祝賀行事が行われた。第2次大戦後の1948年に公布された〈国民の祝日に関する法律〉で新たに文化の日となった。→紀元節天長節

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めいじせつ【明治節】

明治天皇を記念して制定された祝日。1927年1月25日,貴族院,衆議院は明治節制定の建議を可決し,同年3月3日の詔書で,明治天皇の誕生日である11月3日を明治節と定めることが公布された。祝祭日には,国家的な祝い日である祝日と,皇室の祭典を行う日である祭日とがあったが,明治節は新年節(1月1日),新年宴会(1月5日),紀元節(2月11日),天長節(4月29日)とともに祝日とされた。また祝日のうちでも新年節,紀元節,天長節,明治節は四大節として,学校や軍隊では祝賀式が行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めいじせつ【明治節】

明治天皇の誕生日にあたる11月3日。四大節の一。1927年(昭和2)、国家の祝日として制定、48年廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治節
めいじせつ

昭和前期の祝日。明治天皇の遺徳をしのび、明治時代を追慕する目的で制定された。明治天皇の誕生日である11月3日(天長節)があてられた。四方拝、紀元節、天長節と並んで四大節(しだいせつ)の一つに数えられ、この日は宮中でも祭儀と宴会が行われる。第二次世界大戦後の1948年(昭和23)に廃止されたが、11月3日は「文化の日」として現在も継承されている。[酒井信彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

めいじ‐せつ メイヂ‥【明治節】

〘名〙 明治天皇の誕生日にあたる一一月三日の祝祭日。同天皇の遺徳を仰ぎ、明治の代を追憶する趣旨で、昭和二年(一九二七)に制定。四方拝・紀元節・天長節とともに四大節の一つに数えられたが、第二次世界大戦後の同二三年廃止。《季・冬》
※五百句(1937)〈高浜虚子〉昭和六年「慟哭せしは昔となりぬ明治節」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明治節の関連情報