コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

是界/善界/是我意 ゼガイ

3件 の用語解説(是界/善界/是我意の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぜがい【是界/善界/是我意】

謡曲。五番目物。竹田法印宗盛作。愛宕(あたご)山の天狗(てんぐ)太郎坊とともに比叡山に来た唐の天狗の首領是界坊が、僧の祈りで現れた諸神に追い払われる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぜがい【是界】

能の曲名。観世流は《善界》,金剛流は《是我意》と書く。五番目物。竹田法印定盛作。シテは是界坊。唐土の天狗是界坊は,今も盛んな日本の仏教を妨害しようと志し,山伏姿(前ジテ)で日本へやって来る。まず京都の愛宕(あたご)山の天狗太郎坊(ツレ)を訪れ,その勧めで最初の目標を比叡山に定める。天狗たちは,仏法の威力を思うと不安にもなるが,ともかく初志を貫こうと決意し(〈クセ〉),比叡山に向かって立ち去る。比叡山の僧(ワキ)が勅命によって車で宮中に向かう行く手に,正体をあらわした天狗(後ジテ)が姿を見せ,雲中から僧を威嚇する(〈ノリ地・立回リ〉)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

是界
ぜがい

能の曲目。五番目物。五流現行曲。観世(かんぜ)流は「善界」と表記。竹田法印定盛(さだもり)作。典拠は『今昔物語』。唐の天狗(てんぐ)の首領である是界坊は、中国の宗教界を魔道に従え、日本の仏教界に挑戦するため、山伏の姿(前シテ)で飛来してくる。協力者の山城(やましろ)国愛宕(あたご)山の太郎坊(ツレ)と談合し、まず比叡(ひえい)山に標的を定める。天狗の姿(後シテ)で都に荒れ狂う是界坊を取り鎮めるため、天皇の命令で比叡山の僧正(ワキ)が召されるが、その牛車(ぎっしゃ)に是界坊が襲撃をかける。車をつかんで空に引き上げようとする凄絶(せいぜつ)な演技のあと、僧正の祈りで現れた仏教の守護神についに屈伏し、今より後はくるまじと是界坊は虚空に消える。天狗物のなかでもとくに豪快な能。重い演出になると、喜多(きた)流では曲名も『白是界(しろぜがい)』と変わる。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

是界/善界/是我意の関連キーワード金剛巌観世流金剛流観世観世座観世大夫五流囃子方蘆刈善界草

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone