(読み)チ

  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

人名用漢字] [音]チ(呉)(漢)
物事をよく理解する。賢い。「智愚・智者
物事を理解する能力。「智慧(ちえ)智能叡智(えいち)奸智(かんち)才智明智
[補説]「」と通用する。
[名のり]あきら・さかし・さと・さとし・さとる・とし・とみ・とも・のり・まさる・もと
[難読]智利(チリ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 物事の道理を理解し、是非・善悪を判断する能力。知恵。智慧。知力。知。
※懐風藻(751)奉和藤太政佳野之作〈葛井広成〉「開仁対山路、猟智賞河津
※徒然草(1331頃)一六七「我が智をとり出でて人に争ふは、角あるものの角をかたぶけ、牙(きば)あるものの牙をかみ出だすたぐひなり」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉一「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される」 〔孟子‐公孫丑・上〕
② はかりごとをめぐらすこと。〔戦国策‐楚策・懐王〕
③ (jñāna の訳語) 仏語。一切の事象や道理に対して的確な判断を下し、心中の惑いを絶つはたらき。慧(え)(prajñā の訳語)と合して智慧ともいう。そのはたらきの上から、二智、三智、四智など、種々の智が説かれる。
※観智院本三宝絵(984)上「喩ひ智有れども若し禅定无(な)ければ、其の心閑まらずして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【知恵】より

…知恵は現実のさまざまな現象を識別するとともに,それを統合して理解するはたらきであるために,現実の感覚的なはたらきを超えて,全体を把握する超越的な意味も含んでいる。仏教では知恵をものごとの識別に使われる智(ジュニャーナjñāna)と,統合的で識別的な機能を超える般若の智慧(プラジュニャーprajñā)とに分けて考えた。また,先天的に備わっている生得慧,他人の教えから得られる聞所成慧,内的思索によって得られる思所成慧,修行の実践の中で得られる修所成慧の4種類に分類している。…

※「智」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

智の関連情報