(読み)ソウ

  • そう サウ
  • そう〔サウ〕
  • ぞう
  • 中国の王朝
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

役所の中の部屋。
「退きて―に至る」〈今昔・九・三一〉
仲間。また、一族。
「後の―たらんものに伝へよ」〈読・弓張月
常用漢字] [音]ソウ(サウ)(漢) ゾウ(ザウ)(呉)
〈ソウ〉
つかさ。役人。役所の部屋。「法曹
仲間。ともがら。「児曹」
軍隊の階級の一。「曹長軍曹(ぐんそう)兵曹陸曹
「曹達(ソーダ)」の略。「重曹
〈ゾウ〉へや。つぼね。「曹司(ぞうし)
[名のり]とも・のぶ
[難読]軍曹(さかん)将曹(さかん)
そう
中国、春秋時代小国。前487年、に滅ぼされた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ぞう」とも)
① 役所の中の部屋。ある官にあてられた部屋。執務する部屋。詰所。曹司。→曹司(ぞうし)
※続日本紀‐天平宝字元年(757)七月庚戌「奈良麻呂古麻呂便留彼曹」 〔漢書‐薛宣伝〕
② なかま。ともがら。一族。子孫。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「密(ひそか)にこれを記して、後の曹(ゾウ)たらんものに伝へよ」 〔史記‐平準書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android