(読み)そう

精選版 日本国語大辞典「曹」の解説

そう サウ【曹】

〘名〙 (「ぞう」とも)
① 役所の中の部屋。ある官にあてられた部屋。執務する部屋。詰所。曹司。→曹司(ぞうし)
※続日本紀‐天平宝字元年(757)七月庚戌「奈良麻呂古麻呂便留彼曹」 〔漢書‐薛宣伝〕
② なかま。ともがら。一族。子孫。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)「密(ひそか)にこれを記して、後の曹(ゾウ)たらんものに伝へよ」 〔史記‐平準書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「曹」の解説

そう【曹】[漢字項目]

常用漢字] [音]ソウ(サウ)(漢) ゾウ(ザウ)(呉)
〈ソウ〉
つかさ。役人。役所の部屋。「法曹
仲間。ともがら。「児曹」
軍隊の階級の一。「曹長軍曹ぐんそう兵曹陸曹
曹達ソーダ」の略。「重曹
〈ゾウ〉へや。つぼね。「曹司ぞうし
[名のり]とも・のぶ
[難読]軍曹さかん将曹さかん

そう〔サウ〕【曹】

役所の中の部屋。
「退きて—に至る」〈今昔・九・三一〉
仲間。また、一族。
「後の—たらんものに伝へよ」〈読・弓張月・残〉

ぞう【曹】[漢字項目]

そう

そう【曹】[中国の王朝]

中国、春秋時代小国。前487年、に滅ぼされた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android