月舘[町](読み)つきだて

百科事典マイペディアの解説

月舘[町]【つきだて】

福島県北東部,伊達(だて)郡の旧町。阿武隈(あぶくま)川の支流広瀬川中流に位置する。米,キュウリ,ニラ,果樹を産する。弱電,電気機械の工場がある。下手渡(しもてど)はもと立花氏の小城下町。2006年1月,伊達郡伊達町,梁川町,保原町,霊山町と合併し市制,伊達市となる。43.63km2。4692人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つきだて【月舘[町]】

福島県北東部,伊達郡の町。人口5039(1995)。県下でも人口減少の大きい地域である。福島市の東にあり,四方を阿武隈高地の山々に囲まれた盆地性の地形を示す。1806年(文化3)筑後三池から立花氏が1万石で入封,下手渡(しもてど)藩の藩庁所在地となり,陣屋が設置されたが,戊辰戦争では奥羽越列藩同盟に加わらず,仙台藩の攻撃を受けて焼失した。米作養蚕を中心とする農業から,米の生産調整を機に果樹,野菜などのハウス園芸が盛んになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android