コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有斐閣[株] ゆうひかく

百科事典マイペディアの解説

有斐閣[株]【ゆうひかく】

1877年江草斧太郎が東京神田一ッ橋に開いた出版社。当初,古書店有史閣として出発,1879年有斐閣に改称し,出版を手がけるようになる。社会科学関係,特に法律書をおもに発行している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうひかく【有斐閣[株]】

1877年(明治10)江草斧太郎(1857‐1908)によって東京神田一ッ橋通町に創業された出版社。当初有史閣と称し,古書籍店として出発した。79年有斐閣に改めるとともに出版に進出,《区画改正東京全図》(1879)や鈴木万次郎編《河野広中君小伝》(1883)などを刊行した。87年,江木衷(まこと)(1858‐1925)の《現行刑法汎論》,翌年の同《現行刑法各論》の出版により,出版社としての経済的基礎を築くとともに法学書出版に専念することになり,《帝国六法全書》(現在の《六法全書》の前身,1901)や《現代外国法典叢書》全36巻(1937‐58)などを発行した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

有斐閣[株]の関連キーワード美濃部達吉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android