コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村栄 きむらひさし

7件 の用語解説(木村栄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木村栄
きむらひさし

[生]明治3(1870).9.10. 金沢
[没]1943.9.26. 東京
天文学者東京大学を卒業 (1892) 後,緯度観測に従事。 1902年の緯度変化の計算式に関するZ項の発見は有名。 11年帝国学士院恩賜賞受賞。水沢臨時緯度観測所長 (1899) ,国際緯度変化中央局長 (1922) を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きむら‐ひさし【木村栄】

[1870~1943]天文学者。石川の生まれ。岩手県奥州市緯度観測所緯度変化の観測に従事。明治35年(1902)、緯度変化の公式にZ項(木村項)を付加すべきことを提唱。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

木村栄【きむらひさし】

天文学者。石川県の生れ。東大星学科を出て緯度変化を研究。1899年岩手県水沢に新設された緯度観測所の初代所長(―1941年)となる。1902年Z項を発見。1922年―1936年水沢に置かれた緯度変化の国際中央局の局長を勤めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村栄 きむら-ひさし

1870-1943 明治-昭和時代前期の天文学者。
明治3年9月10日生まれ。32年岩手県水沢に設置された緯度観測所の初代所長となり,大正11年国際緯度観測事業の中央局長。その間の明治35年緯度の周期変化のZ項(木村項)を発見した。44年学士院恩賜賞。昭和12年文化勲章。昭和18年9月26日死去。74歳。加賀(石川県)出身。帝国大学卒。旧姓は篠木。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きむらひさし【木村栄】

1870‐1943(明治3‐昭和18)
天文学者。金沢市の生れ。1892年東京帝国大学理科大学星学科を卒業後,大学院において緯度変化の観測に従事した。その当時,K.F.キュストナーとS.C.チャンドラーによって発見された緯度変化の現象は学界の関心を集め,その国際共同観測が計画されるや,選ばれてこの問題に専心することになった。98年にドイツポツダムの測地学研究所で開催の共同観測用の恒星選択会議に参加し,帰国後,99年に岩手県水沢市に創立された緯度観測所の初代所長となり,1941年に退職するまで緯度変化の研究に精魂を傾けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きむらひさし【木村栄】

1870~1943) 天文学者。石川県生まれ。東大卒。緯度変化を研究し、第三の変動成分 Z 項(木村項)を発見。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村栄
きむらひさし
(1870―1943)

天文学者。金沢に生まれ、1892年(明治25)東京帝国大学理科大学星学科を卒業、大学院で寺尾寿(てらおひさし)、田中館愛橘(たなかだてあいきつ)に師事して位置天文学および地球物理学を専攻し、震災予防調査会の事業としての緯度変化の観測に従事した。1898年緯度変化の国際協同観測に参画するためポツダムに留学、1899年岩手県水沢に緯度観測所(現在の国立天文台水沢キャンパス)が創設されるに及び初代所長に迎えられ、以後40年間この観測事業に献身した。1902年(明治35)、汎(はん)地球的な観測資料を整理して、緯度変化の経験公式のうちx項およびy項のほかに、1年周期で変動するz項を付加すべきことを提唱し、世界の学界に公認された。1922年(大正11)に国際天文学連合の決議により、国際協同緯度観測事業中央局として水沢緯度観測所が選定され、その局長に専任された。これは多年にわたる木村の貢献の結果であると同時に、日本の測定技術の精度が高く評価されたことを意味する。1936年(昭和11)中央局長を、1941年所長を辞任した。この間に果たした寄与は偉大なもので、報告書第7巻・第8巻は地球の極運動研究の重要資料となった。その功績により、1911年日本学士院恩賜賞第一号、1936年イギリス王立天文協会より金メダル賞、同年朝日文化賞、1937年第1回文化勲章を授与された。z項は通称「木村項」という。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の木村栄の言及

【緯度】より

…水沢には国際極運動事業中央局があり,天文観測値を集めて極運動を計算し発表している。木村栄は,緯度変化の観測値に極運動とは無関係な現象をZ項(木村項)として発見した。その原因は,地球の内部構造を考慮した地球回転理論が不正確だったこと,すなわち,木村はZ項の発見によって地球は流体核をもつ弾性体であることを示唆したのであった。…

【緯度変化】より

…観測緯度変化と計算緯度変化の差(残差)は,観測が正しければ偶然誤差の程度にしかならないはずであるが,水沢の残差だけが他の観測所に比べて異常に大きかったので,アルブレヒトは水沢の観測精度を他の観測所の半分に評価した。水沢緯度観測所の初代所長であった木村栄は,緯度変化には,極運動によって起こる変化のほかに1年周期の各観測所に共通な変化の存在することを発見した。これは経度に無関係な変化なので,極運動計算式の第3項としてZ項という定数項を加えることを提案した(1902)(図)。…

※「木村栄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木村栄の関連キーワード関口鯉吉石川県金沢市長町及川奥郎早乙女清房辻隆広瀬秀雄藤田良雄古畑正秋松隈健彦宮地政司

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木村栄の関連情報