コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未生流 みしょうりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

未生流
みしょうりゅう

江戸時代末,19世紀初めに大坂で未生斎一甫 (本名,山村山碩,1761~1824) が始めた生け花の流派。2代目未生斎広甫 (上田安太郎) が嵯峨御所に任官して広く普及させた。流儀としては,あるがままが尊いのではなく,その奥の本体をとらえるべきだとし,象徴的,形式的な傾向をもつ。今日では9派に分れ,さらにその分派は 100流に及ぶが,ともに前衛的生け花の性格が強い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みしょう‐りゅう〔ミシヤウリウ〕【未生流】

生け花の流派の一。文化年間(1804~1818)未生斎山村一甫(やまむらいっぽ)によって創始され、主として関西を中心に発展。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

未生流【みしょうりゅう】

いけばなの一流派。山村山碩〔1761-1824〕を祖として,文化年間(1804年―1818年)大坂に興る。山碩は号を未生斎一甫といい,幽寂な象徴的作風が特色。8世家元肥原康甫の実弟中山文甫が1954年別派,中山文甫会を創立。
→関連項目いけばな

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みしょうりゅう【未生流】

いけばな流派の一つ。江戸時代文化年間(1804‐18)に未生斎一甫(みしようさいいつぽ)(1761‐1824)によって創流された。一甫は幕臣山村家の生れ。名は不詳だが山碩(さんせき)と号した。江戸で遠州流を学んだというがその系譜は明らかではない。また古流なども学んだようだが,のち諸国を遍歴,40歳台に但馬国の上田家に滞留し,その間に未生流を創流したといわれる。一甫は当時一般に天地人の三つの役枝によって構成していたいけばなの花形を,〈天円地方説〉にもとづいた鱗形(うろこがた)という三角形の中に収めることを考案してより合理的な理念を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みしょうりゅう【未生流】

生け花の流派の一。江戸後期の文化年間(1804~1818)に山村山碩(未生斎一甫)によって始められたもの。特に関西方面で発展。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

未生流
みしょうりゅう

いけ花流派。創流は19世紀初頭で、未生斎一甫(いっぽ)による。一甫は氏を山村、山碩(さんせき)と号し、関東に生まれ、諸国遍歴ののち大坂に住み、未生流を広めた。のち盲目となり、盲目の華道家として知られ、『本朝挿花百練』などのいけ花理論書を著した。2代目広甫(こうほ)は嵯峨(さが)御所に仕官し、法眼(ほうげん)の位を得、未生御流(おんりゅう)を開いている。現在は9代目で、家元は肥原碩甫(ひはらせきほ)
 文化・文政(ぶんかぶんせい)期(1804~30)に大成した未生流は、その特徴として「虚実等分(きょじつとうぶん)」の説をあげ、草木の出生を尊重するが、あるがままの自然の姿ではなく、その奥にある自然の本体を抽出することを眼目とし、「方円の説」を用い、天地人三才格の生花(せいか)の理論づけを行った。その後、伝統ある格花(かくか)とは別に、大正時代には現代様式のいけ花を取り入れたが、8代目康甫の弟中山文甫(ぶんぽ)は、未生流の旧態に飽き足らず、未生流を離脱して、別に「未生流中山文甫会」を1954年(昭和29)創立した。この内紛は未生流にとって少なからぬ動揺をきたしたが、伝統ある未生流の地歩は崩れず、今日なお関西を中心に全国的な組織をもつ流派として、いけ花界に重きをなしている。分流派も多く、100をもって数えるほどである。[北條明直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

未生流の関連キーワード中山 文甫(1代目)中山 文甫(初代)未生流中山文甫会中山文甫(初代)KENROKU北河多香子木村奈保子宮崎まゆみ一条 智光天野美穂子山根 翠堂三宅一美大川雅世草月流

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

未生流の関連情報