コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本山彦一 もとやま ひこいち

8件 の用語解説(本山彦一の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

本山彦一

大阪毎日新聞社長。貴族院議員。熊本東子飼町藩士四郎作長男。号松陰。福沢諭吉に学ぶ。初め兵庫県に入り学務・勧業課長となり後神戸師範学校校長となる。明治15年に大阪新聞に入り一時藤田組支配人を務める。大阪毎日新聞相談役となり、36年社長となる。終生その発展に貢献する。昭和7年(1932)歿、80才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もとやま‐ひこいち【本山彦一】

[1853~1932]新聞経営者。熊本の生まれ。明治36年(1903)大阪毎日新聞社長に就任。明治44年(1911)東京日日新聞を買収・統合し、朝日新聞と並ぶ全国紙へ発展させた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

本山彦一【もとやまひこいち】

新聞経営者。肥後国熊本生れ。初め《大阪新報》《時事新報》などで活躍後,実業家に転じた。1888年の《大阪毎日新聞》の発刊に際し,経営に深くかかわるようになる。1903年社長に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本山彦一 もとやま-ひこいち

1853-1932 明治-昭和時代前期の新聞経営者。
嘉永(かえい)6年8月10日生まれ。慶応義塾でまなぶ。時事新報社会計局長をへて明治19年藤田組支配人。22年大阪毎日新聞社相談役,36年社長となった。44年「東京日日新聞」を合併して東京に進出。「新聞は商品なり」をとなえ,「毎日新聞」を全国紙にそだてた。貴族院議員。昭和7年12月30日死去。80歳。肥後(熊本県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

もとやまひこいち【本山彦一】

1853‐1932(嘉永6‐昭和7)
新聞経営者。肥後国熊本に生まれ,1871年(明治4)東京に遊学,箕作秋坪(みつくりしゆうへい),福沢諭吉に学んだ。初め官途についたが,82年《大阪新報》に入社し,翌年《時事新報》に移った。86年大阪の藤田組支配人となり一時実業界に転じたが,89年藤田組の関係から《大阪毎日新聞》(《毎日新聞》)の相談役に就任,以後その経営に深く関与するとともに,原敬,小松原英太郎を社長に招いて紙勢の拡充を図った。1903年,社長に就任し,終生新聞の経営にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

もとやまひこいち【本山彦一】

1853~1932) 新聞経営者。熊本の人。「大阪毎日新聞」相談役を経て1903年(明治36)社長に就任。「東京日日新聞」を買収、「毎日新聞」が全国紙として発展する基をつくった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本山彦一
もとやまひこいち

[生]嘉永6 (1853).8.10./8.14. 肥後,熊本
[没]1932.12.30. 東京
明治・大正・昭和期の新聞経営者。熊本藩士の子として生まれる。明治4(1871)年に上京して箕作秋坪の三叉学舎に入り,のち福沢諭吉に学ぶ。大蔵省租税寮や兵庫県に出仕したのち,1882年大阪新報社に入社,さらに時事新報社(→時事新報)に移った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本山彦一
もとやまひこいち
(1853―1932)

新聞経営者。松陰(しょういん)と号した。嘉永(かえい)6年8月10日肥後国(熊本)に生まれる。藩学時習館、上京して箕作秋坪(みつくりしゅうへい)の三叉(さんしゃ)学舎に学ぶ。1874年(明治7)11月租税寮出仕、このころ福沢諭吉の知遇を受ける。その後兵庫県に奉職、1881年神戸師範学校長となるが翌1882年退職し、『大阪新報』に入社、1883年1月『時事新報』へ移った。1886年大阪藤田組支配人となり、山陽鉄道会社の創立、児島(こじま)湾開墾事業に尽力する。かたわら大阪実業界の懇請により、1889年6月から『大阪毎日新聞』の相談役となり、経営に参画していたが、1898年9月業務担当社員となり、直接社務を担当することになった。1903年(明治36)11月、第5代社長に就任、新聞事業を近代企業化し、死ぬまで29年にわたり毎日新聞社を主宰、『朝日新聞』と並ぶ戦前日本の代表的二大新聞を築き上げた。本山の経営理念は「新聞商品主義」にあったが、その意図は「新聞の権威は独立が生む。新聞が独立するためには、商品主義を以(もっ)て新聞紙の経営を保持すること」というものであった。
 他方、社会事業にも力を入れ、1911年、毎日新聞社会事業団を創設、1927年(昭和2)には富民協会を設立して農村振興を図ったほか、各種学術奨励事業にも貢献している。『点字毎日新聞』の創刊(1922)も盲人に同情を寄せた本山の英断である。1930年12月貴族院議員に勅選される。昭和7年12月30日没。勲一等瑞宝章を贈られた。[春原昭彦]
『大阪毎日新聞社編・刊『稿本本山彦一翁伝』(1929) ▽故本山社長伝記編纂委員会編『松陰本山彦一翁』全2巻(1937・大阪毎日新聞社・東京日日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の本山彦一の言及

【毎日新聞】より

…85年《大阪日報》に題号を戻し,いったん休刊の後,88年11月大阪実業界の支援により《大阪毎日新聞》として再発足した。当初は大同団結運動支持の柴四朗(東海散士)主筆の下で政治色が強かったが経営上は振るわず,89年からは本山彦一相談役と渡辺治(1864‐93)社長兼主筆の指導の下に穏和な論調の紙面作りと広告収入の増加で発展し,《大阪朝日新聞》と並ぶ阪神地方の有力紙となった。97年から原敬,1900年から小松原英太郎(1852‐1919)が社長を務め,とくに原は紙面の平易化,家庭面,海外通信の拡充に努めた。…

※「本山彦一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本山彦一の関連キーワード大島宇吉長崎次郎大島一郎新田宇一郎長谷川義雄長谷部忠広井一山田潤二渡辺治オックス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone