本朝神社考(読み)ほんちょうじんじゃこう

  • ほんちょうじんじゃこう ホンテウジンジャカウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林羅山の儒教神道の主著。6巻。成立年未詳。『古事記』『日本書紀』『延喜式』『神皇正統記』などの国史に徴して,諸国の神社の源流を考証し,あわせて霊異方術にも触れている。神儒合一のを説き,神仏習合を非難した。近世初期の学問的な神社研究として,神道家,国学者の神祇研究に大きな影響を与え,国学,復古神道先駆となった。略本として徳川義直のために作った『神社考詳節』 (1649) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

林羅山著。近世初期における神社研究書。3巻。成立年代不詳であるが,この抄本である《神社考詳節》が1645年(正保2)に開板されていることと,羅山の年譜より彼が1638年(寛永15)ころに多数の神書をみていることが知られることから,およそその間のとみられる。上巻は伊勢神宮以下のいわゆる二十二社について記し,中巻は諸社のうち有名神社について《日本書紀》神代巻,人皇紀にみられる順序に記したあと,さらに山岳中心の神社,京付近の年中行事に関連する神社について記す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸前期の書。三巻。林羅山(道春)著。寛永一五年(一六三八)から正保二年(一六四五)にかけての成立とされる。儒学の排仏主義の立場から編纂された神社研究の書。全国の神社の由緒について、神仏習合を批判する見地から史書や神道書の記事を抜粋し注解を加える。上巻で二二社、中巻で地方の有名大社、下巻でその他の諸神や神仙・伝説・地名などを扱う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android