コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本朝神社考 ほんちょうじんじゃこう

2件 の用語解説(本朝神社考の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本朝神社考
ほんちょうじんじゃこう

林羅山の儒教神道の主著。6巻。成立年未詳。『古事記』『日本書紀』『延喜式』『神皇正統記』などの国史に徴して,諸国の神社の源流を考証し,あわせて霊異方術にも触れている。神儒合一の理を説き,神仏の習合を非難した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほんちょうじんじゃこう【本朝神社考】

林羅山著。近世初期における神社研究書。3巻。成立年代不詳であるが,この抄本である《神社考詳節》が1645年(正保2)に開板されていることと,羅山の年譜より彼が1638年(寛永15)ころに多数の神書をみていることが知られることから,およそその間の撰とみられる。上巻は伊勢神宮以下のいわゆる二十二社について記し,中巻は諸社のうち有名神社について《日本書紀》神代巻,人皇紀にみられる順序に記したあと,さらに山岳中心の神社,京付近の年中行事に関連する神社について記す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本朝神社考の関連キーワード義理弘文館古金襴鉛銭母材3つの行為における4人の聖者会津神社志神儒一致論近世初期風俗画《変革期における人間と社会》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone