コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李東陽 りとうようLi Dong-yang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李東陽
りとうよう
Li Dong-yang

[生]正統12(1447)
[没]正徳11(1516)
中国,明の文学者。茶陵 (湖南省) の人。字,賓之。号,西涯。神童として知られ,6歳で天子の前で尚書を講じたという。天順8 (1464) 年進士に及第,累進して文淵閣大学士から礼部尚書,吏部尚書にいたった。当時朝廷内で幅をきかせていた台閣派の詩文の平板さを破り,唐宋八大家の文,盛唐の詩を理想とすべきであるという格調説を唱え,文壇の主流となって茶陵派と呼ばれた。のち権臣劉瑾 (りゅうきん) の横暴に対して妥協したため声価を落し,門人の李夢陽 (りぼうよう) ,何景明にも去られたが,沈滞していた文壇に生気を与え,続く古文辞派の運動の先駆者的役割を果した。歴代の史実を詠じた『擬古楽府 (がふ) 』 100編が有名。詩文は『懐麓堂集』 (100巻) に収められ,ほかに『懐麓堂詩話』 (1巻) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りとうよう【李東陽 Lǐ Dōng yáng】

1447‐1516
中国,明の文人。字は之,西涯と号す。湖南茶陵の出身。天順8年(1464)の進士,累遷して礼部尚書,文淵閣大学士となり,没後に太師を贈られ,文正と諡(おくりな)された。成化・弘治・正徳(1465‐1521)の3朝に仕え,文壇の重鎮として文名をはせた。1484年(成化20)から9回にわたって,科挙の試験官として,李夢陽,何景明らの〈前七子〉(七子)を抜擢して,沈滞した文壇に活力を与えたことは特筆される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李東陽
りとうよう
(1447―1516)

中国、明(みん)中期の文人、政治家。字(あざな)(ひんし)。号は西涯(せいがい)。原籍は茶陵(さりょう)(湖南省)であるが、北京(ペキン)の人。1464年の進士。要職を歴任して吏部尚書に至った。詩では楊士奇(ようしき)ら三楊の台閣(だいかく)体を受け継ぎ、李夢陽(りぼうよう)らの前七子(ぜんしちし)に先だって復古を目ざし、約100年に及ぶ沈滞を破った。しかし時の宰相でありながら宦官(かんがん)劉瑾(りゅうきん)に媚(こ)びたため声価を落とし、その功績はいまなお正当に認められていないが、当時、在野の沈周(しんしゅう)と並んで最大の文人であった。詩は格調を尊びつつも、平明でユーモアに富み、ことに歴史故事を歌った古楽府(こがふ)の連作は有名。著に『懐麓堂(かいろくどう)集』と、復古派の理論を啓発した『懐麓堂詩話』がある。伝は『明史』巻181に記される。[福本雅一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の李東陽の言及

【大明会典】より

…一つは《正徳会典》(180巻)と略称する。初め1502年(弘治15)に徐溥らが勅を受けて編纂したが,孝宗崩御のために頒布されず,09年(正徳4)李東陽らがそれを修訂して頒布された。文武各役所の職掌について《諸司職掌》以下,《皇明祖訓》《御製大誥》《大明令》《大明集礼》《洪武礼制》《礼儀定式》《稽古定制》《孝慈録》《教民榜文》《大明律》《軍法定律》《憲綱》等の書を引用して詳述している。…

※「李東陽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李東陽の関連キーワード唐宋八大家日本楽府大明会典試験官文学者湖南省進士文名科挙正徳太師弘治声価及第盛唐楊慎詩社文正

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android