東フランク王国(読み)ひがしフランクおうこく(英語表記)Ostfrankenreich; Francia Orientalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東フランク王国
ひがしフランクおうこく
Ostfrankenreich; Francia Orientalis

ベルダン条約 (843) により,カロリング朝時代のフランク王国が3分されたとき,東部に成立した王国 (843~919) 。ルートウィヒ2世 (ドイツ王) が創建。エルベ川,ザーレ川,ボヘミア森林を東の境とし,西はライン川,アーレ川を国境線とする。 870年のメルセン条約で西へ拡大。カルル3世 (肥満王) は2人の兄の早死ににより一時全フランクを統一。ルートウィヒ4世 (幼童王) の死 (911) でカロリング朝東フランク王国は断絶,王権がフランケン公コンラート1世やザクセン公ハインリヒ1世に移る過程でドイツ王国へと転化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

東フランク王国【ひがしフランクおうこく】

843年のベルダン条約,870年のメルセン条約でフランク王国が3分されてできた王国。ドイツの前身。カロリング朝のルートウィヒ2世(在位843年―876年,ドイツ人王)に始まり,884年カール3世が東西フランク王国を一時再統一した。しかしノルマン人やマジャール人の侵入に悩み,911年ルートウィヒ4世(小児王)の死によりカロリング朝は断絶した。→フランク王国
→関連項目ドイツ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひがしフランクおうこく【東フランク王国】

フランク王国が九世紀に三分割されてできた王国。カロリング朝のルートビヒ二世が初代国王となった。ドイツの前身。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東フランク王国
ひがしふらんくおうこく
Ostfrnkisches Reich

9世紀のベルダン、メルセン両条約によるフランク王国の分割の結果成立した王国。のちにドイツ王国に発展した。ルートウィヒ2世(在位843~876)が初代国王となり、王国を構成するフランケン、ザクセン、アラマン、バイエルンなどの諸部族の独立性が強かった。2代カール3世(在位876~887)のとき一時西フランク王をも兼ねたが、ノルマン人のパリ包囲に際し、屈辱的敗北を喫して廃位された。ついで甥(おい)のケルンテン辺境伯アルヌルフが東フランク王(在位887~899)に選ばれ、ブラバントのレーウェン(ルーフェン)でノルマン人を破った。その子ルートウィヒ4世(幼児王、在位899~911)の夭折(ようせつ)でカロリング家の血統が断絶したため、東フランク貴族たちに選ばれてフランケン公コンラート1世(在位911~918)が王位につき、東フランク王国が滅んで、諸部族の連合体という形のドイツ王国が誕生した。[平城照介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android