コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東勝寺 とうしょうじ

世界大百科事典 第2版の解説

とうしょうじ【東勝寺】

神奈川県鎌倉市小町の葛西ヶ谷(かさいがやつ)にあった臨済宗の寺。山号は青竜山。南北朝期には十刹(じつせつ)の第5位に列位されていた。北条泰時がその室の母の追善のため,墓のかたわらに一宇を建立し,退耕行勇(たいこうぎようゆう)を導師として供養し,のち行勇の門弟西勇を開山とする禅寺となったというが,行勇開山説など開山,開基については諸説ある。1333年(元弘3)鎌倉幕府滅亡に際し,北条高時以下一族郎党がこの寺で自害した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

東勝寺の関連キーワード金沢貞顕(かねさわさだあき)北条氏(鎌倉幕府執権家)関東十刹・関東じっせつ神奈川県鎌倉市小町百合若大臣五山・十刹佐倉惣五郎木内惣五郎成田(市)長崎高綱長崎高重北条基時無涯仁浩東明慧日南山士雲東勝寺跡足利直冬安東聖秀金沢貞顕摂津親鑒

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東勝寺の関連情報