コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東南アジア諸国連合(読み)とうなんアジアしょこくれんごう(英語表記)Association of Southeast Asian Nations; ASEAN

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東南アジア諸国連合
とうなんアジアしょこくれんごう
Association of Southeast Asian Nations; ASEAN

東南アジア 10ヵ国の地域協力機構。1967年8月,経済成長,社会・文化の発展,政治の安定などを目的にインドネシアシンガポールタイフィリピンマレーシアの 5ヵ国によって設立された。1984年にブルネイ,1995年にベトナム,1997年にラオスミャンマー,1999年にカンボジアが加盟し,東南アジア全域を領域とする大型地域協力機構が実現した。中央事務局をインドネシアの首都ジャカルタに置く。最高意思決定機関は東南アジア諸国連合首脳会議で,東南アジア諸国連合外相会議などがある。発足当初は経済,社会,文化における加盟国相互の協力を主目的としていたが,中国,ベトナムをめぐるアジア情勢の変化に対応して 1971年にはクアラルンプール宣言(東南アジア中立化宣言)を出し,1976年の第1回首脳会議では ASEAN協和宣言の提出,東南アジア友好協力条約締結を行なうなど加盟諸国の政治的団結と中立化の動きが活発化した。ASEANを取り巻く政治や経済状況の変化に伴い域内の経済協力強化が迫られ,1993年の域内関税引き下げを経て 2010年に先行加盟 6ヵ国間の関税が撤廃された。2003年に ASEAN共同体 ACの実現を宣言,2007年には ASEAN憲章が署名された。域外との関係では,1979年に日本,アメリカ合衆国,オーストラリア,ニュージーランドおよびヨーロッパ共同体 EC(現ヨーロッパ連合 EU)を加えた拡大外相会議が開催され,その後カナダ,大韓民国(韓国),インド,中国,ロシアと順次拡大した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

東南アジア諸国連合

1967年8月8日、バンコクで設立。インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイが当初メンバーで、84年にブルネイ、95年にベトナム、97年にミャンマーとラオス、99年にカンボジアが加わり、東南アジア全域をカバーするようになった(ASEAN10)。第三世界でも例外的に成功した地域協力組織の1つ。当初掲げた目的は経済・社会分野での地域協力で、最高決定機関は外相会議(定期閣僚会議)。毎年7月前後に、主催国を替えて開催。75年以降はこれとは別に、経済担当閣僚会議が年に1、2回、開かれる。またASEANは72、73年から欧州連合(EU)及びオーストラリアとの域外対話を開始した。現在は、日本、中国、韓国とニュージーランド、カナダ、米国、ロシア、インド、パキスタンを加えた計11が「域外対話国・機関」と呼ばれ、外相会議の直後に招かれ拡大外相会議を開く。76年2月にはバリ島でASEAN首脳が初めて一堂に会し、ASEAN協和宣言が発表された。これにより政治協力がASEANの地域協力の正式な一分野となり、同時に締結された東南アジア友好協力条約(TAC)は、ASEANの実質的な根拠条約となった。ASEANの地域協力の活動面では、政治分野での協力が当初から注目された。ベトナム戦争が激化する過程で発足し、80年代はインドネシア情勢をめぐり政治的団結を誇示した。冷戦終結後は世界秩序の急速な変化に対処するべく、安全保障面で様々な模索を試みる。ASEAN10カ国は東アジア地域の協力体制の緊密化を目的に、97年に日中韓の3カ国首脳との初の非公式会合を持ち、その後ASEAN+3として外相らによる対話の場が定例化した。加盟10カ国首脳は2007年11月20日、最高規範となるASEAN憲章に署名した。

(片山裕 神戸大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

東南アジア諸国連合【とうなんアジアしょこくれんごう】

Association of South-East Asian Nations。略称ASEAN(アセアン)。域内の経済的・社会的基盤の確立と国家開発をめざす協力機構。1967年東南アジア連合(1961年成立,略称ASA。加盟国タイ,マレーシア,フィリピン)が発展的に解消して成立。加盟国10ヵ国(旧ASA諸国とインドネシア,シンガポール,ブルネイ,ベトナム,ラオス,ミャンマー,カンボジア)。事務局はジャカルタ。アジア・太平洋地域の安全保障問題を多国家間で協議するため,1994年以来ASEAN地域フォーラム(略称ARF)の場が設けられ,ASEAN10ヵ国のほか,日本・中国・韓国やアメリカ・ロシア・ヨーロッパ連合(EU)などの閣僚が会合,2000年には朝鮮民主主義人民共和国も参加し,加盟国・機構は23に及ぶ。ASEAN+3(日本,中国,韓国)の枠組みによる対話は,東南アジアと東北アジアの接点を強化する意味が大きい。また東南アジア友好協力条約(TAC,1976)は,ASEANの実質的な根拠条約であるが,2003年中国とインドが,2004年日本,2005年ニュージーランド,オーストラリアもこの条約に署名した。2003年バリでの首脳会議で2020年を目途とする〈東アジア共同体〉形成に合意し,2004年の〈ASEAN+3〉外相会議で〈東アジア・サミット〉の開催を決めた(2005年12月クアラルンプールで開催)。2009年財務相会合でインフラ整備のための〈ASEANインフラ基金〉創設を確認し,緊急時に外貨を融通する〈チェンマイ・イニシャチブ〉多国間基金への各国外貨準備の拠出額を合意した。80%は日本,中国,韓国が負担する。しかし日本とのASEAN全体とのFTA交渉は,2008年に日本・ASEAN包括的経済連携協定が締結されて以降進展せず,2010年に成立した中国・ASEAN自由貿易協定(ACFTA)が先行している。また,世界経済における東南アジアの比重が高まるにつれ,EUをはじめ他の経済圏からのアプローチも積極的に展開されるようになり,ASEANを中心としたアジア諸国とヨーロッパ連合(EU)加盟国およびヨーロッパ委員会との間で,1996年から2年ごとにアジア・ヨーロッパ会議(ASEM)が開催されている。中国が2015年に設立を目指すAIIBにASEAN諸国は一斉に参加を表明,ASEAN諸国からは日本の孤立化を懸念する声が出ている。→東アジア経済会議ASEAN自由貿易圏東南アジア非核地帯条約
→関連項目アジア・ヨーロッパ会議雁行形態論環太平洋経済圏構想カンボジア経済連携協定ドイモイ東南アジア難民日本バーツ経済圏ブルネイベトナムマレーシアメコン総合開発ラオスリージョナリズム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうなんアジアしょこくれんごう【東南アジア諸国連合 Association of South‐East Asian Nations】

東南アジアにおける最初の本格的な地域協力機構として,1967年8月にインドネシア,マレーシア,フィリピン,シンガポール,タイの5ヵ国によって設立された。略称はASEAN(アセアン)。当初は,冷戦と地域紛争を切り離し,相互対立に代わって,社会・経済,文化面の相互協力を促進させることを目的としていた。しかし,70年代に入ってニクソン・ドクトリンによるアメリカの〈アジア離れ〉や,米中接近に見るアジアでの緊張緩和が進むと,東南アジア地域における大国間のバランスを求めた〈中立地帯宣言〉(1971)を打ち出し,地域紛争の自主的・平和的解決の方向を明確にした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の東南アジア諸国連合の言及

【南方特別留学生】より

… それぞれの母国に帰った留学生たち(留学生のうち4名は原爆,空襲で死亡)の中から首相(ブルネイのベンギラン・ユソフ),閣僚,大使,大学総長,会社社長などが生まれ,今日,政・財・学界で指導的立場にある。彼らはおしなべて親日家であり,77年に結成されたASEAN(アセアン)(東南アジア諸国連合)元日本留学生協議会の有力メンバーであり,日本との親善,文化交流に努力している。 南方特別留学生制度は南方地域から集団で留学させた最初の試みであった。…

※「東南アジア諸国連合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

東南アジア諸国連合の関連情報