コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東南アジア非核地帯条約 とうなんアジアひかくちたいじょうやく Southeast Asia Nuclear-Weapon Free Zoon Treaty; SEANWFZ

3件 の用語解説(東南アジア非核地帯条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東南アジア非核地帯条約
とうなんアジアひかくちたいじょうやく
Southeast Asia Nuclear-Weapon Free Zoon Treaty; SEANWFZ

東南アジア地域の非核化を進める条約。 1995年 12月 15日,ASEAN7ヵ国にラオスカンボジアミャンマーの首脳がバンコクで調印。加盟国の領土,大陸棚,経済専管水域内での核兵器の保有,実験,使用を禁止するものだが,たとえば核を搭載したアメリカの艦船が航海することは禁じていないし,寄港・通過を許可するかどうかも各国の判断にまかされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東南アジア非核地帯条約【とうなんアジアひかくちたいじょうやく】

1995年12月に,東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議において採択され,東南アジア各国における核兵器の製造,所有,配置,移動,実験,使用を禁ずる条約。1995年の中国とフランスの核実験がこの地域の国々に大きな衝撃を与え,また,1995年2月に米国が支持を表明したことで,一気に条約締結への機運が高まり,合意に至った。
→関連項目核拡散防止条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東南アジア非核地帯条約
とうなんあじあひかくちたいじょうやく
Treaty on the Southeast Asia Nuclear-Weapon-Free Zone

東南アジア域内での核兵器の開発使用を禁止し、非核地帯とする条約。1995年バンコクで開かれたASEAN(アセアン)(東南アジア諸国連合)首脳会議で、当時加盟の7か国と非加盟であったミャンマー、ラオス、カンボジアを加えた10か国により調印され、1997年3月発効した。バンコク条約ともいう。同条約は核兵器開発、配備、実験、使用などの禁止のほか、放射性物質・廃棄物の投棄を海上、陸上を問わず禁止している。ただ、核兵器搭載艦船や航空機の寄港、通過については各国の判断に任せている。フィリピンの批准が遅れていたが2001年3月に批准し、すべての当事国の批准が完了した。しかし、アメリカ、中国が条約の内容に不満をもち、米英仏中ロの核保有国5か国が付属議定書に署名していないため、実効性はまだない。[大井 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東南アジア非核地帯条約の関連キーワードコロンボ計画東南アジア東南アジア条約機構アジアダラー非核化東南アジア学会東南アジア考古学会SEAFDEC(シーフデック)北東アジア非核兵器地帯構想東南アジア映画

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone