コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東大寺山古墳 とうだいじやまこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東大寺山古墳
とうだいじやまこふん

奈良県天理市櫟本 (いちのもと) 町にあり,奈良盆地東縁の丘陵上にある前方後円墳。 1961~62年に発掘調査された。全長約 140m,後円部半径 80m,前方部の幅約 60m (推定) で,後円部の粘土槨からは多量の碧玉製品が出土した。また,家形装飾付環頭大刀,あるいは「中平□年…」 (中国後漢の年号〈184~188〉) の金象眼のある銘文をもつ鉄刀など貴重な発見があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうだいじやまこふん【東大寺山古墳】

奈良県天理市櫟本(いちのもと)町東大寺山にある前方後円墳。大和盆地東辺の洪積丘陵上に位置する。墳丘は自然地形を利用し,前方部を北に向けて造られているが,西半部は原形を失っている。墳丘の全長は約140m,後円部の径は約80m,前方部の幅は推定60m内外である。墳丘には,埴輪円筒列が二重にめぐり,葺石も備わっている。1961年から62年にかけて発掘調査が行われた。後円部の中央には,南北に長軸をとる墓坑が穿たれ,粘土につつまれた木棺が横たえられていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東大寺山古墳
とうだいじやまこふん

奈良県天理市櫟本(いちのもと)町にある前方後円墳。東大寺山丘陵に位置し、前方部を北に向ける。墳長約130メートル、後円部径約80メートル。1961年(昭和36)に調査された。墳丘には埴輪と葺石(ふきいし)がみられる。埋葬施設は墓坑内に古墳主軸と平行に構築された粘土槨(ねんどかく)で、復元長約10.0メートル、幅約3.9メートル。棺内からは勾玉(まがたま)、管玉(くだたま)、鍬形(くわがた)石、車輪石、石釧(いしくしろ)、鏃形(ぞくがた)石製品、筒形石製品など、棺外からは銅鏃、鉄鏃、鉄槍、刀剣類、巴形(ともえがた)銅器、革製漆塗短甲など豊富な遺物が出土した。大刀のなかには環頭に家形の飾りをもつものや後漢(ごかん)の年号である中平(ちゅうへい)の金象嵌(ぞうがん)をもつものがあり注目される。4世紀後半の築造と推定される。[関川尚功]

東大寺山古墳出土鉄刀銘

花形飾り環頭の大刀(刀身長100センチメートル)の峰部に、切っ先より5.9センチメートルから始まり、1字が約6ミリメートルの大きさで3センチメートル間隔(ただし最後の数字は字間がほとんどない)の24字の金象嵌銘がある。「中平□□(年)五月丙午(へいご)造作文刀百練清剣上応星宿□(下)辟不□(祥)」。中平は後漢の年号で184~189年。5月丙午は鋳造の吉日、百練以下も漢魏(ぎ)時代の紀年鏡銘にみられる慣用の吉祥句(きっしょうく)。作刀の時期が邪馬台国(やまたいこく)の倭国(わこく)の乱の時代と重なることが注目される銘文である。この刀がいつ倭国にもたらされ、最終的に古墳被葬者の手に帰したのかなど、出土した刀をめぐる謎は多い。[狩野 久]
『『東大寺山古墳の研究』(2010・東大寺山古墳研究会、天理大学・天理大学附属天理参考館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東大寺山古墳の関連キーワード年号入りの刀剣赤土山古墳日本建築金石文和珥氏建具

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android