コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東大寺山古墳 とうだいじやまこふん

3件 の用語解説(東大寺山古墳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東大寺山古墳
とうだいじやまこふん

奈良県天理市櫟本 (いちのもと) 町にあり,奈良盆地東縁の丘陵上にある前方後円墳。 1961~62年に発掘調査された。全長約 140m,後円部半径 80m,前方部の幅約 60m (推定) で,後円部の粘土槨からは多量の碧玉製品が出土した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうだいじやまこふん【東大寺山古墳】

奈良県天理市櫟本(いちのもと)町東大寺山にある前方後円墳大和盆地東辺の洪積丘陵上に位置する。墳丘は自然地形を利用し,前方部を北に向けて造られているが,西半部は原形を失っている。墳丘の全長は約140m,後円部の径は約80m,前方部の幅は推定60m内外である。墳丘には,埴輪円筒列が二重にめぐり,葺石も備わっている。1961年から62年にかけて発掘調査が行われた。後円部の中央には,南北に長軸をとる墓坑が穿たれ,粘土につつまれた木棺が横たえられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東大寺山古墳
とうだいじやまこふん

奈良県天理市櫟本(いちのもと)町にある前方後円墳。東大寺山丘陵に位置し、前方部を北に向ける。墳長約130メートル、後円部径約80メートル。1961年(昭和36)に調査された。墳丘には埴輪と葺石(ふきいし)がみられる。埋葬施設は墓坑内に古墳主軸と平行に構築された粘土槨(ねんどかく)で、復元長約10.0メートル、幅約3.9メートル。棺内からは勾玉(まがたま)、管玉(くだたま)、鍬形(くわがた)石、車輪石、石釧(いしくしろ)、鏃形(ぞくがた)石製品、筒形石製品など、棺外からは銅鏃、鉄鏃、鉄槍、刀剣類、巴形(ともえがた)銅器、革製漆塗短甲など豊富な遺物が出土した。大刀のなかには環頭に家形の飾りをもつものや後漢(ごかん)の年号である中平(ちゅうへい)の金象嵌(ぞうがん)をもつものがあり注目される。4世紀後半の築造と推定される。[関川尚功]

東大寺山古墳出土鉄刀銘

花形飾り環頭の大刀(刀身長100センチメートル)の峰部に、切っ先より5.9センチメートルから始まり、1字が約6ミリメートルの大きさで3センチメートル間隔(ただし最後の数字は字間がほとんどない)の24字の金象嵌銘がある。「中平□□(年)五月丙午(へいご)造作文刀百練清剣上応星宿□(下)辟不□(祥)」。中平は後漢の年号で184~189年。5月丙午は鋳造の吉日、百練以下も漢魏(ぎ)時代の紀年鏡銘にみられる慣用の吉祥句(きっしょうく)。作刀の時期が邪馬台国(やまたいこく)の倭国(わこく)の乱の時代と重なることが注目される銘文である。この刀がいつ倭国にもたらされ、最終的に古墳被葬者の手に帰したのかなど、出土した刀をめぐる謎は多い。[狩野 久]
『『東大寺山古墳の研究』(2010・東大寺山古墳研究会、天理大学・天理大学附属天理参考館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東大寺山古墳の関連キーワード奈良県天理市櫟本町奈良県天理市海知町奈良県天理市杉本町奈良県天理市前栽町奈良県天理市滝本町奈良県天理市豊井町奈良県天理市中町奈良県天理市檜垣町奈良県天理市藤井町奈良県天理市森本町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東大寺山古墳の関連情報