コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋六三郎(2世) きねやろくさぶろう[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杵屋六三郎(2世)
きねやろくさぶろう[にせい]

[生]宝永7(1710)
[没]寛政3(1791)
長唄三味線方の家元。1世杵屋六三郎の実子といわれる。俳名を天滴 (てんてき) と称したので,世に天滴六三郎といわれ,従来の上方趣味の長唄を江戸的なものに変化させた。『娘七種 (むすめななくさ) 』を作曲。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の杵屋六三郎(2世)の言及

【娘七種】より

…作詞は不詳。2世杵屋(きねや)六三郎作曲。1767年(明和4)正月江戸中村座初演の曾我狂言《初商大見世曾我(はつあきないおおみせそが)》の〈対面の場〉の前に演じられた。…

※「杵屋六三郎(2世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

杵屋六三郎(2世)の関連キーワード寛政

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android