コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山守善 まつやま もりよし

2件 の用語解説(松山守善の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山守善 まつやま-もりよし

1849-1945 幕末-昭和時代前期の武士,弁護士。
嘉永(かえい)2年10月15日生まれ。肥後熊本藩士。維新後,宮崎八郎らの民権運動にくわわり,裁判所勤務ののち代言人となる。明治23年第1回衆議院議員選挙に当選するが,選挙違反で失格。昭和20年7月22日死去。97歳。著作に「河上彦斎伝」。
【格言など】我を生むものは父母,我を知るものは神,世人の褒貶(ほうへん)我において何かあらん(「松山守善自叙伝」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松山守善

没年:昭和20.7.21(1945)
生年:嘉永2.10.15(1849.11.29)
幕末から昭和の敗戦まで96歳の生涯を下級士族・下級官吏弁護士として熊本に生きた人物。昭和8(1933)年,84歳のときにあらわした『自叙伝』は,この100年近い時代の日本人の心のおきどころをいつわらず書き記しためずらしい記録である。下級武士の家の第3子に生まれ14歳のとき,廃家だった松山家を再興して7石3人扶持を受けた。肥後(熊本県)勤王家の巨頭轟武兵衛,山田信道の拷問にたちあって,その毅然たる態度に敬意をもち,新政府成立ののち,両者の援助を受けた。勤王攘夷派の刺客河上彦斎を崇拝するに至り,はじめ敬神党に近づくが,そのおこした神風連の乱には参加せず,宮崎八郎らの民権運動にくわわるが熊本民権党の西郷の乱参加に同調せず,15等出仕の下級官吏としての身分を守り,父妻子を守る。しかし同志の多くが死んだことが心の負担となり役所をしりぞいて代言人となった。その後,キリスト教信者となって晩年をむかえた。旧同志の非難に対して彼はこうこたえたと自伝に記す。「我を生むものは父母,我を知るものは神,世人の褒貶我において何かあらん」。操守をタテマエとする旧士族の間にあって松山守善はその理想から遠い。しかし旧士族をふくめて幕末から明治・大正・昭和の日本人の多数派の精神の軌跡をつたえる。木下順二の初期の戯曲『風浪』のモデルひとり。<著作>『自叙伝』

(鶴見俊輔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松山守善の関連キーワードボーン特別高等警察下級生公生涯私生涯清水安三中幕小説親鸞亀ケ首試射場日本の台湾統治

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone