松岳山古墳(読み)まつおかやまこふん

国指定史跡ガイドの解説

まつおかやまこふん【松岳山古墳】


大阪府柏原市国分市場にある前方後円墳。大和川が大阪平野に流れ出ようとする南岸の通称松岡山(美山)の狭い丘陵の最高所、標高60mに立地する。ヌク谷北古墳や茶臼塚古墳を含む松岳山古墳群の盟主墳とされ、船氏王後首(ふねのおうごのおびと)の銅板墓誌(国宝)の出土伝承地として注目を集め、1922年(大正11)に国の史跡に指定された。古墳は薄い板のような石を表面に積み上げて築かれ、石棺が露出し、竪穴(たてあな)式石室に使われた板石が散乱、周囲には大きな楕円形の埴輪(はにわ)が立ち並ぶ。墳丘全長約146m、後円部径約82m、同高さ約18m、前方部幅約60m、同高さ約10mの西向き。築造は積み石塚の手法を使用し、3段築成で各テラスには箱式石棺や小石室の存在が確認され、後円部には長持ち形石棺が納められた竪穴式石室がある。出土遺物は石棺周辺から硬玉製勾玉(まがたま)1、碧玉(へきぎょく)製管玉(くだたま)約20、碧玉製丸玉1、ガラス製小玉17、碧玉製鍬形石1、碧玉製石釧(いしくしろ)27以上、銅鍬3、鉄製の刀、剣、鍬、斧などの破片、土師器(はじき)片が認められる。築造年代は4世紀末とされ、船氏王後首の墓誌の出土伝承から船氏との関連が考えられてきたが、古墳築造手法や石棺の形式などから、総合的に考える必要があると指摘されている。近畿日本鉄道大阪線国分駅から徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる