コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田町 まつだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松田〔町〕
まつだ

神奈川県西部,丹沢山地塔ヶ岳南西斜面と足柄平野の北東部にある町。 1909年町制。 55年寄 (やどりき) 村と合体。地名の由来には諸説があるが,中世以来の郷名による。中心集落の松田惣領は,酒匂 (さかわ) 川の支流四十八瀬川 (川音川) の扇状地にあり,谷口集落として発達。江戸時代矢倉沢往還の宿場町でもあった。中世は豪族松田氏の領有で惣領,庶子などの地名が残る。豊富な地下水を利用して綿紡績,木工業が行われ,山麓の斜面ではミカン,茶が栽培される。町域の一部は丹沢大山国定公園に属する。国道 246号線と 255号線が接続し,JR御殿場線小田急電鉄小田原線が交差しており,東名高速道路の大井松田インターチェンジにも近く,県西部の交通の要衝にあたる。面積 37.75km2。人口 1万1171(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松田町の関連情報