コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板付遺跡 いたづけいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板付遺跡
いたづけいせき

福岡市博多区板付にある縄文時代晩期から弥生時代中期の集落遺跡。小竪穴,井戸,堀,甕棺墓,水田址,大陸との交流を物語る銅剣銅鉾磨製石器が発見されている。特に土器は弥生時代最古のもので板付式土器の標式とされ,弥生文化の源流を考えるうえに重要な位置をもつ遺跡である。 1978年の調査で,弥生時代前期の水田址の下から縄文時代晩期の水田址が発見され,従来の水稲栽培の開始時期が一段と古くなることが実証された。しかも当時の人々が高度な灌漑施設を用いて,大規模な水田経営を行なっていたことや,また出土した米の分析が進むと,本遺跡に持込まれた稲のルートも解明される可能性がある。今後の調査で初期農耕文化の実態が把握されよう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いたづけ‐いせき〔‐ヰセキ〕【板付遺跡】

板付にある弥生時代の遺跡。環濠(かんごう)を巡らした集落や水田の跡からなる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

板付遺跡【いたづけいせき】

福岡市博多区板付にある弥生(やよい)時代の遺跡(史跡)。丘陵上に立地する遺跡には二重の環濠がめぐり,その内外から,住居跡,墓,貯蔵穴,井戸などが発掘されている。
→関連項目板付菜畑遺跡博多[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いたづけいせき【板付遺跡】

福岡市博多区大字板付にある弥生時代の集落,墓地,水田などの総合遺跡。遺跡は御笠川左岸に近接した低段丘とその周囲の沖積地にある。1916年に弥生時代中期初頭甕棺墓数基から,細形銅剣,銅矛各3本が出土して,初めてこの遺跡が紹介され,51年の試掘以後,日本考古学協会の4次にわたる発掘調査により,日本最古の弥生時代遺跡として有名になった。その土器型式名の〈板付I・II式〉は今日でも学界で使用されている。最初の調査によって台地の中央に長径110mの前期の環溝とその内外の袋状竪穴群や中期の井戸などが発見されていたが,70年以後は福岡県や福岡市教育委員会によって発掘調査が続けられ,環溝北側には前期から中期の甕棺墓・木棺墓などの墓地群,西側に水田跡などが発見され,多数の木器も出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いたづけいせき【板付遺跡】

福岡市板付にある弥生時代の遺跡。環濠集落・墓地・水田跡があり、稲作の開始、大陸文化の伝播など、縄文時代からの推移の様相を示す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

いたづけいせき【板付遺跡】


福岡県福岡市博多区板付にある縄文時代晩期から弥生時代後期にかけての環濠集落跡。佐賀県唐津市の菜畑(なばたけ)遺跡とともに、日本最古の稲作集落跡とされる。福岡平野のほぼ中央に位置し、標高7~9mほどの台地上の環濠集落と周辺の沖積地に広がる水田跡、墓地などからなる。長径110mの断面がV字形の環濠をもつ集落跡には竪穴(たてあな)式住居や貯蔵穴、井戸などがあり、台地下の弥生時代初期の水田跡の下の層には、さらに縄文時代晩期の水田跡が発見された。大区画の水田跡であり、木製農機具や用水路に設けられた井堰(いせき)などの灌漑施設も確認された。畦の間隔から水田の1区画は400m2程度、花粉分析から畑作栽培も推定され、出土した土器の編年によって、最古の弥生文化の始まり、つまり、最古の農耕社会と捉えられている。また、弥生時代の墓から発見された甕棺(かめかん)の中から青銅製の矛(ほこ)や剣が出土し、弥生土器に金属器がともなう初のケースで、銅剣・銅矛のほか、銅矛の鋳型、石包丁などが出土している。1976年(昭和51)に国の史跡に指定され、その後たびたび追加指定が行われている。竪穴式住居や水田が再現され、板付遺跡弥生館では弥生時代の暮らしを体験学習できる。JR山陽新幹線ほか博多駅そばの博多駅バスターミナルから西鉄バス「板付団地第二」下車、徒歩約3分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板付遺跡
いたづけいせき

福岡市博多(はかた)区板付に所在する弥生(やよい)時代の集落遺跡。御笠(みかさ)川西岸の標高11~12メートルの低台地を居住地とし、その東西の低地に広がる水田を生産の場とした、初期水稲耕作の実態を示す代表的遺跡として知られる。1916年(大正5)に弥生前期末~中期の甕棺墓(かめかんぼ)数基とともに銅剣、銅矛(どうほこ)各3口(こう)が出土し、初期金属器文化期としての弥生時代を設定し性格づける契機をもたらした。1951年(昭和26)からはほぼ連続的に調査が進められ、1958年に至る日本考古学協会の調査では、台地上に巡らされた東西81メートル×南北110メートルの長円形の環溝が検出され、縄文土器と弥生土器の接点が確認された。1978年には台地下で弥生時代初頭の水田跡と、さらにその下層から縄文時代晩期の水田跡が検出され、稲作の起源、ひいては弥生時代開始の問題に新たな一石を投じている。このように板付遺跡は弥生時代研究の進展に最初の契機を与え続ける最重要の遺跡である。1976年国の史跡に指定された。[高倉洋彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

板付遺跡の関連情報