コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菜畑遺跡 なばたけいせき

5件 の用語解説(菜畑遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菜畑遺跡
なばたけいせき

佐賀県唐津市,玄界灘をのぞむ位置にある縄文時代晩期から弥生時代中期の水田址を中心にした遺跡。初期稲作農耕が定着する最初期の姿がみられる。曲り田遺跡板付遺跡とともに類似の環境にあり,初期農耕遺跡のあり方を示している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

菜畑遺跡【なばたけいせき】

佐賀県唐津市にある縄文時代晩期〜弥生時代前期の遺跡。1980年―1981年の発掘調査によって,板付遺跡の夜臼式期よりも古い,縄文晩期後半,山ノ寺式期の最古の水田跡が発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なばたけいせき【菜畑遺跡】

佐賀県唐津市菜畑字松円寺にある縄文時代晩期から弥生時代中期にわたる集落跡と日本最古の水田跡である。唐津市街の西方,衣干山の東麓から東へのびる舌状丘陵の先端部付近に位置し,当時は東西にのびていた砂丘の内側に形成された潟にのぞんでいる。1981年の発掘調査で住居跡,遺物包含層,水田等の遺構と豊富な遺物が出土している。遺物包含層は,5層に大別され,とくに最下層の縄文時代晩期(山の寺式)の層から,畦畔で画された水田遺構と共に炭化米,大麦,ソバ,ヒョウタン,栗等の植物遺体,各種の動物遺体,および石庖丁,石剣など大陸系磨製石器,木製農具が発見されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

なばたけいせき【菜畑遺跡】


佐賀県唐津市菜畑にある集落跡。標高10m前後の平野に面した緩やかな丘陵の先端部に立地する。日本最古とみられる稲作遺跡をともなう集落跡で、遺構は16層からなり、水田の遺構が確認されたのは縄文時代晩期後半の12層。それより上層にも弥生時代中期までの水田遺構が検出された。水田遺構は18m2余りの小さな4枚の田で、当時は直播きで栽培されたと推測されている。木製の鍬(くわ)、石包丁、石斧(せきふ)をはじめ土器など豊富な遺物が出土した。遺物の土器は、これまで最古とされていた板付遺跡(福岡県)の夜臼(ゆうす)式土器よりも少し古い山ノ寺式土器。炭化米も250粒ほど出土し、そのうち100粒以上がジャポニカ種であることが判明した。弥生時代前期の地層から、大規模な水田が営まれていたことを裏付ける水路、堰、排水口、木の杭や矢板を用いた畦の仕切りなどを発掘。これは縄文時代後期に日本で初めて水田耕作による稲作農業が行われていたことを実証するものと考えられ、1983年(昭和58)に国の史跡に指定された。現在、『魏志倭人伝』に出てくる末盧国(まつらこく)にちなんだ「末盧館」が建てられ、遺跡から出土した炭化米や石包丁、鍬、鎌などの農業用具ほか発掘に関連した資料を展示、竪穴(たてあな)式住居や水田跡も復元されている。JR唐津線ほか唐津駅から車で約5分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菜畑遺跡
なばたけいせき

佐賀県唐津(からつ)市菜畑字松円寺(しょうえんじ)の衣干山(きぬぼしやま)の東麓(とうろく)に派生する丘陵の先端部に営まれた縄文晩期の水田を伴う集落跡。1980年(昭和55)唐津市教育委員会が都市計画道路建設の事前の発掘調査を行った。住居跡、水田跡、貝塚を主体とする遺跡で、なかでも縄文晩期後半の水田、炭化米、農工具の発見により日本最古の稲作遺跡と確認された。遺跡は縄文前期・晩期、弥生(やよい)前期・中期と層序的に形成、縄文晩期の水田は畦畔(けいはん)、水路を伴う。栽培植物は米をはじめアワ、大麦、ソバ、ゴボウ、メロン、農工具は木製鍬(くわ)、石包丁(ぼうちょう)、石斧(せきふ)類、石鑿(のみ)、斧木柄(おのもくへい)、ほかに土器など豊富な遺物が出土している。83年、初期の稲作関係の遺跡として国の史跡に指定された。[高島忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菜畑遺跡の関連キーワード唐津市末盧館佐賀県唐津市宇木佐賀県唐津市浦佐賀県唐津市鏡佐賀県唐津市高島佐賀県唐津市菜畑佐賀県唐津市西唐津佐賀県唐津市半田佐賀県唐津市原佐賀県唐津市東唐津

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菜畑遺跡の関連情報