枝郷(読み)えだごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

枝郷
えだごう

室町時代末期以降江戸時代にかけて,新落の開発,旧村落の分割などにより新規に一村を建てたとき,もとの村を親郷,親村というのに対して,これを枝郷,枝村と呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

枝郷【えだごう】

中世・近世に開発により新しいがつくられたり,村高を分割して新村を設立した場合,もとの村を本郷(元郷)とよぶのに対し,新村を枝郷と称した。枝村・子村などともいい,本郷は親郷・親村ともいった。領主からの課税に対しては本郷・枝郷が組郷(組村)をつくり共同で負担した。初めは親郷の力が強いが,のちに農業生産力が上昇し,枝郷が経済的に豊かになると,親郷から独立する動きもみられ,両者の間で紛争が生じることもあった。なお城下町などにおいても親町(幹町)・枝町の関係がみられる。→新田

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

枝郷
えだごう

一つの村から分出した村。枝村ともいう。戦国期から江戸期にかけて、新田(しんでん)開発により新部落が形成されたとき、または地域が広大すぎるなどして村高(むらだか)を分けて新村を設けたとき、もとの村を親郷(親村)または本郷(本村)とよび、新しい村を枝郷とよんだ。多くは親郷の組織に属したまま、中世では段銭(たんせん)、棟別銭(むねべつせん)などを負担し、近世では親郷の名主、庄屋(しょうや)の下で、親郷と一括して年貢納入がなされた。[飯沼賢司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枝郷の関連情報