コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枯葉剤 かれはざいAgent Orange

翻訳|Agent Orange

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

枯葉剤
かれはざい
Agent Orange

除草剤の一種。ベトナム戦争でアメリカ軍が使用したことで知られ,その代表的なものをオレンジ剤(エージェント・オレンジ)という。1962~71年に南ベトナム解放民族戦線と北ベトナム軍の勢力が潜伏していそうな森林地帯で木々を枯死させ,食料となりうる農作物を処分することを目的として低空飛行する航空機から散布された。成分は,非精製ブチルエステルの 2,4-ジクロロフェノキシ酢酸(2,4-D)と 2,4,5-トリクロロフェノキシ酢酸(2,4,5-T)がほぼ同量であった。加えて少量の 2,3,7,8-テトラクロロジベンゾパラジオキシン(2,3,7,8-TCDD)もさまざまな割合で含まれていた。2,4,5-T製造過程の副産物である 2,3,7,8-TCDDは一般にダイオキシンと呼ばれ,ごく少量でも有毒である。ベトナムに散布された約 5000万lの枯葉剤にはダイオキシン約 170kgが含まれていた。1970年代以降,ベトナム人の間では枯葉剤にさらされたことが原因とみられる流産,皮膚疾患,癌,先天性欠損症,先天性奇形が異常に高い頻度で発生している。また,ベトナムで長期にわたって枯葉剤にさらされたアメリカ合衆国,オーストラリアおよびニュージーランドの兵士多数がのちに癌その他の健康被害を経験している。アメリカの退役軍人らはアメリカ軍向けに枯葉剤を生産した農薬メーカー 7社に対して集団訴訟を起こした。両者は和解にいたり,約 25万人の被害者と家族のために 1億8000万ドルの補償基金が設立された。(→枯葉作戦

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

枯葉剤【かれはざい】

ベトナム戦争中の1967年以降,米軍が森林を枯死させるために使用した化学兵器の1種。2,4,5-T(トリクロロフェノキシ酢酸)と2,4-Dを混合してつくった除草剤〈エージェント・オレンジ〉の通称。
→関連項目有機塩素化合物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の枯葉剤の言及

【化学兵器】より

… 対植物剤として除草剤2,4‐D,2,4,5‐Tなどがある。アメリカ軍はベトナム戦争においてゲリラの隠れ家と食糧源を破壊する目的で〈枯葉作戦〉を実施,大量の除草剤(枯葉剤と呼ばれた)を散布した。このため熱帯の密林に長期間の生態系破壊をもたらしたほか,不純物として含まれる2,3,7,8‐テトラクロロジベンゾ‐p‐ジオキシン(一般にTCDDあるいはダイオキシンと呼ばれる)の強力な発癌性,胎児への催奇性などが,住民および散布に参加した米兵に悲惨な災害を与えつつある。…

【ダイオキシン】より

…ダイオキシン類は,癌や先天異常などのさまざまな健康障害を生じさせると考えられているが,その作用メカニズムには不明な点が多い。 ダイオキシン類の毒性が問題になった事件にはベトナム戦争時の枯葉作戦があり,アメリカ軍が散布した枯草剤(枯葉剤)の中にダイオキシン類が混入していたために,ベトナム人およびアメリカ軍兵士に被害が現れた。また1976年イタリアのセベソで化学工場の爆発が起こり,生成したダイオキシンが周辺都市部に降り注ぎ,住民に健康被害が出た。…

※「枯葉剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

枯葉剤の関連キーワードダイオキシン類グエン・ドク生物化学戦ミンハイ省ABC兵器落葉剤小田実

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枯葉剤の関連情報